1. トップ
  2. ネイル
  3. ジェルが固まった!ジェルネイルにありがちなトラブルの対処法

ジェルが固まった!ジェルネイルにありがちなトラブルの対処法

  • 2016.4.27
  • 760 views

ジェルネイル初心者のうちは、たくさんのトラブルや悩みにぶつかりますよね。しかし間違っていることをそのまま続けていては、仕上がりの悪さやミスの多さが改善されることはありません。少しずつでも改善していけば、正しいやり方に近づいてミスも少なくなっていきます。そこで今回は、セルフジェルネイルにありがちな失敗や悩みと、その対処法について解説しています。どんなトラブルも対処法を知っておけば、冷静に対応できるはずです。

こんなとき、どうすればいい?

【イットネイル】楽しいけど慣れるまでは、ミスやトラブルも多いセルフジェルネイル。

今回は、ジェルネイルにありがちなトラブルや失敗などの対処法について解説しています

「こんなときどうすればいい?」「こうなってしまうけどどうして?」

そんな疑問を解決します。

ジェルネイルの工程において、ジェルクリーナーによる未硬化ジェルの拭き取りがありますが、まれに拭き取ってもツヤが出ないことがあります。

ジェルにツヤが出ない!

ジェルクリーナーを使ってもツヤが出ないのは、単純にジェルクリーナーの量が少ない、という原因も考えられます。

なるべくたっぷり使って、きれいなワイプやキッチンペーパーなどで吹きましょう。

ジェルクリーナーは意外と多く消耗するので、お得サイズなどを買っておいたほうが便利です。

それ以外には、ジェルクリーナーとジェルの相性が悪い、ジェルが薄すぎるなどが考えられます。

また、専用のジェルクリーナーの代わりにエタノールを使う人がいますが、エタノールではまれにカラージェルとの相性が悪く曇ってしまうことがあるようです。

なるべく、エタノールではなく専用のジェルクリーナーを使いましょう。

凹凸ができる、きれいな表面にならない

塗った後のジェル表面がきれいに見えない、でこぼこして滑らかではない仕上がりになるときは、一度に大量のジェルを塗っているのが原因かもしれません。

初心者のうちは一度にたくさんのジェルをのせてしまうことがあり、でこぼこした見た目になることも多いです。

最初は薄めにのせ、仮止めするという流れを何度か繰り返しましょう。

ジェルを薄塗りにしては仮止め、と少しずつ丁寧に仕上げていくことが大切です。

これらを繰り返してジェルがちょうどいい厚みになったら、完全硬化をしましょう。

カラージェルが固まった!

ジェルの保管状態によっては、容器に入っていても固まってしまうことがあります。

施術中はこまめにふたをして、絶対にライトの近くには置かないようにしましょう。

また窓際など紫外線のあたりやすいところ、蛍光灯の光があたりやすいところへの放置も厳禁です。

日光などによって固まってしまったジェルは、残念ながら何をやっても元通りにはなりません。

ただし気温の低さによって硬くなっただけであれば、湯銭によってやわらかくなります。

どのブランドのジェルでも使用中から使用後まで、置き場所などに十分な注意が必要です。

施術中にトラブルが起こっても、慌てずなるべく冷静に対処していきましょう。

また、道具の保管や扱いは雑にならないように注意しましょうね。

Itnail編集部

元記事を読む