1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ダイソン初のドライヤー「スーパーソニック」内蔵センサーが最適な温度をキープ

ダイソン初のドライヤー「スーパーソニック」内蔵センサーが最適な温度をキープ

  • 2016.4.27
  • 1030 views

ダイソンから、ブランド初となるヘアードライヤー「ダイソン スーパーソニック(Dyson Supersonic)」が誕生。2016年4月28日(木)より旗艦店「Dyson 表参道」にて先行発売、5月11日(水)より全国の量販店など200店舗で展開がスタートした。

ヘッド部分が大きい従来のヘアードライヤーは、強い熱風で髪に過度の熱ダメージを与えてしまうこと、また髪がフィルターに吸い込まれて絡まる危険性も懸念されていたが、ヘアードライヤーの形状は1960年代から殆ど変わる事がなかった。

そんな不満を解決すべくダイソンのエンジニアが開発したのが、「ダイソン スーパーソニック」。高速かつ狙いを定めやすい風、過度の熱ダメージから髪を守る「インテリジェント・ヒートコントロール」、そして手に持ったときのバランスを考慮したデザイン設計が特徴だ。

「インテリジェント・ヒートコントロール」は、ガラスビーズを用いた温度センサーが毎秒20回温度を測定し、髪が極端な熱にさらされないようヒーターを制御してくれるシステム。用途に応じて使い分けられる3つのノズルも付属しており、最適な温度と風で髪を乾燥させる事ができる。

開発にあたり、ダイソンは毛髪の科学研究専用に実験施設を整備するなど、総額約95億円を投資。累計1,625kmを超える本物の人毛を使用し、4年に渡り様々なタイプの毛髪を用いた製品テストを実施するなど、毛髪を様々な角度から研究したという。

そして通常モデル以外に、ジェームズ ダイソンがデザインしたレザーボックスに入った直販限定モデルもラインナップ。こちらは4月28日(木)より「Dyson 表参道」とダイソンジャパンの公式オンラインストア限定で販売された。

なお今回、バービーの手にまでダイソン スーパーソニックヘアードライヤーが渡り、ドライヤーを愛用している画像が彼女のインスタグラムページに掲載され話題となっている。

【商品情報】
ダイソン スーパーソニック(Dyson Supersonic)
発売日:
・2016年4月28日(木) 旗艦店「Dyson 表参道」にて先行発売
・2016年5月11日(水) 全国の量販店など200店舗で発売
価格:45,000円+税 ※レザーボックス入りの直販限定モデルは55,000円+税
カラー:アイアン/フューシャ、ホワイト/シルバー
サイズ(高さ x 幅 x 奥行き):245 x 78 x 97mm
消費電力:1,200w
付属品:ノズル3種(スムージングノズル、スタイリングコンセントレーター、ディフューザー)

元記事を読む