1. トップ
  2. メイク
  3. カレ対応VS女友達対応…温泉旅行のお風呂上りメイク決定版【恋占ニュース】

カレ対応VS女友達対応…温泉旅行のお風呂上りメイク決定版【恋占ニュース】

  • 2016.4.27
  • 4148 views

今年のGWは、温泉でのんびり。そんなプランを立てている人も多いのでは?

そういう時、困ってしまうのがメイク。お風呂に入るのに顔を洗わないっていうのもアレだし、でも、人様にすっぴんをさらすのも厳しいし…。

そして、一緒に行く相手が女友達か彼氏かによっても事情が違ってきますよね。

お風呂上りのメイクはどうすればいい?親しくしているヘアメイクのY子さんにアドバイスをもらいました。

◆「少数まつエク」ですっぴんの土台作り

同行者が女友達でも彼氏でも、どちらの場合も、まずは“すっぴん力”をアップするのが大事。そこでマストなのが「まつげエクステ」なのだそう。

Y子さん「つける本数は片目につき30本くらい。100本とかつけないで、さりげない感じのほうがいいですね。まつエクは3週間くらいで落ちるから、GW前に施術しておけばバッチリ。本数が少ないとナチュラルに見えて、すっぴん力がアップします」

◆女友達対応は、眉だけ死守すればOK

女友達との旅行なら、気合を入れるより、すっぴん感が強いほうが良さそうです。でも、眉だけはザックリ描いておきたいところ。

Y子さん「普段使いのペンシルタイプのアイブロウで描くので大丈夫です。ただ、色は少しマイルドなほうが、すっぴんでも浮かない眉を作れます。最近は太眉ブームなので、あまり整えすぎないほうがベター。GW中に眉を育ててるの、くらいの言い訳をしてみるのもいいかも」

◆彼向けはナチュラル風作り込みメイク

彼氏と2人、もしくは気になる男友達も込みの旅行の場合は、どれだけ作り込んでキレイなすっぴんに見せるか、が勝負。ここではあらゆるアイテムを駆使する必要がある、とY子さん。

Y子さん「まずはリキッドタイプのミネラルファンデでベースを作ります。せっけんでは落とせないけど、パウダーに比べると肌に優しいのでオススメ。それを薄~くつけます。

スポンジなどは使わず、手のひらに少量出して、両手の手のひらで伸ばし、乳液をつけるように顔全体に伸ばしましょう。そのほうがナチュラルに仕上がります」

もちろん眉毛も大事です!どんなふうに描けばいいのでしょうか?

Y子さん「最近はパウダリーアイブロウも人気だけど、落ちにくいのはウォータープルーフのアイブロウペンシル。心配な人は、眉尻だけアイブロウコート剤をつけるのもオススメです。

これは温泉に行ったときだけでなく、眉が薄くて夕方には眉尻が消えちゃうという人もにもいいと思います」

ファンデ+アイブロウで自分のすっぴん風メイクに納得できた人は、ここまででOK。まだまだツラい…という人は、ブラウンのアイシャドウが効果的、とのこと。

Y子さん「今年はすっぴんメイクが流行ってるので、ブラウンのアイシャドウがたくさん出ています。使いやすいのはリキッドタイプ。肌の色に近いブラウンを選べば、まぶたにツヤと陰影が出ます。

それでも足りない…という人は、リキッドチークを。薄いピーチ系のチークをちょっとだけ頬にポンポンと乗せましょう」

◆温泉メイクの作り方

それでは、ここまでご紹介してきたメイクのポイントをまとめてお届け!

[1] まつエクで土台を作る

[2] ミネラルリキッドファンデでベースを作る

[3] ウォータープルーフタイプのアイブロウを使う

[4] アイブロウコート剤を使う

[5] ブラウンのリキッドアイシャドウをまぶたにぼかす

[6] ピーチ系ピンクのリキッドチークを頬にオン

自分のすっぴん満足度に合わせて、以上の6工程を取り入れましょう。

すっぴん力の高い女性は、どこにいても美しさが際立ちますよね。みなさんも、彼や気になる男性が思わず見とれちゃうような温泉美人を目指してみてはいかがですか?

それでは楽しいGWをお過ごしください。

(文=天野りり子)

元記事を読む