1. トップ
  2. グルメ
  3. GWに初の一般公開!京都・貴船神社「新緑ライトアップ」へ

GWに初の一般公開!京都・貴船神社「新緑ライトアップ」へ

  • 2016.4.26
  • 1034 views

これまでツアーなどの特別参拝でしか実施されていなかった、京都・貴船神社の新緑ライトアップが2016年5月3日(祝)~5月5日(祝)の期間中、初めて一般公開されます。 春と秋の京都では多くの社寺がライトアップを実施しますが、初夏にライトアップが開催されるのはめずらしいこと。昼間のみずみずしい景観から一転し、あでやかな夜の表情にも出会える3日間。新緑の生命力あふれる京都の夜を体験してみませんか。

貴船神社は 京都をうるおす水の神様

叡山電鉄出町柳駅から鞍馬行きに乗って約30分、終点のひとつ前の「貴船口駅」が最寄りの駅。新緑ライトアップ期間中は、貴船口駅前から貴船神社の近くまでバスが運行しているので、夜間の安全のためにもバスを利用しましょう。

貴船神社は、京都市の観光名所としてはもっとも北に位置するお社。このエリアは地名で「きぶね」と読みますが、貴船神社は水の神様を祀っていることから、濁らずに「きふね」と読みます。

広い境内には3か所に社殿があり、本宮と奥宮は京都の水源地を守る水の神様である「高龗神」(たかおかみのかみ)が、結社には縁結びの神様として名高い「磐長姫命」(いわながひめのみこと)が祀られています。

ライトアップでは、2007年に改築を終えた本宮の社殿を中心とした一帯が照らされます。貴船神社のシンボルである本宮南参道が目を引く美しさですが、社殿に降り注ぐような‟青もみじ”も見どころです。

生命力みなぎる新緑ライトアップ

貴船は水の豊かな場所であるからこそ、木々は強い「氣」を放ち、葉はみずみずしく輝きます。5月を迎えると生まれたばかりの緑が境内をつつみ込み、生命力みなぎる空間をつくり出します。その「氣」が満ちた境内で、心をオープンにして自然の恵みを全身で感じれば、心が洗われ、安らいでいくことでしょう。

日が暮れるのにともなって18時頃からライトアップの光が感じられるようになり、境内がやわらかい光に照らされていきます。

早めに現地に着いて、昼と夜が交わる時間を境内で迎えるのもいいですね。

旅の思い出に、参拝のおしるしを

幾何学的な模様のように見える「きふね」ハンカチは、よく見るとひらがなで 「きふね」 の文字が並んだユニークなデザインになっています。

表がガーゼ、裏がパイル地のやわらかい素材が使われて使い心地も抜群なので、これから陽差しが強くなる季節に活躍してくれそう。

ライトアップの期間は、授与所も夜間延長受付しているので、おみやげにぴったりですね。

5月の新緑はうすい黄緑色ですが、6月に梅雨入りすると、雨を受けるたびに深い緑色へと変化していきます。

豊かな緑とたっぷりのマイナスイオンに包まれながら、貴船神社の風情を感じてみませんか。

元記事を読む