1. トップ
  2. 恋愛
  3. 高収入の男性が結婚相手に選ぶ人ってどんな人?

高収入の男性が結婚相手に選ぶ人ってどんな人?

  • 2016.4.26
  • 7819 views

絶対高収入の男性と結婚したい!」と強く思う人もいれば「お金はないよりあった方がいい」「愛があれば何とかなる」などお金に関する価値観は人それぞれ。いずれにしても、結婚生活とお金は切っても切り離せない関係であり、それによって今後の人生が変わる可能性もありますよね。

今回は「高収入の男性と結婚したい」という相談について「どのような場所で、どういう方法がいいのか」とうお悩みが恋愛ユニバーシティに寄せられたのでご紹介します。

【相談】29歳、高卒だけど、高収入の男性と結婚したい

もうすぐ、29歳になります。今までつき合った男性は3人ですが、すべて1年以内の短期恋愛。現在はフリーです。私は中学生の頃に両親が離婚し、経済的に不安定な時期をすごしたせいか、お金に執着があり、つき合った男性もみんなお金持ちでした。

今年から婚活を始めましたが、独身で1000万以上稼ぐ男性がほとんどいなく、全くうまくいきません。家庭環境が悪い、高卒、貯金もない、こんな私をもらってくれる男性はいないのでは?と思ってしまいます。

このまま婚活を続けるべきでしょうか。続けるならどのような方法がいいのでしょうか。(20代後半・女性)

恋愛の悩みに感度の高い恋ユニユーザーから多くの支持を集めていた回答をまとめると次のようなものでした。

婚活の場を変えてみる

このまま婚活で探していくのもいいですが、婚活市場以外で探す場合、

・高収入の独身男性が多い業界に所属する(医者→看護師など、社長→高級クラブなど)

・高収入の独身男性が多そうな趣味をもつ(音楽、アニメ、小説、スポーツ、など高学歴・高収入の男性が好みそうなものを極める)

という恋ユーザーのアドバイスがありました。そして忘れてはいけないことは「内面と外面に磨きをかけること」なんだそう。

家庭環境が悪くても、その人自身に何物にも代えがたい魅力が備わっていれば、男性にとって問題にはならないのではないでしょうか。

視点を変えてみる

まずは「お金のこと以外に“結婚生活に何を思い描いているのか”をもっと具体的にする必要がある」という恋ユニユーザー。

お金がたくさんあって優雅な生活?

→そういう場合、ご主人は仕事に忙しく、家庭をかえりみないことも多いですよ。

お金があればどんな人でもいいの?

→ブサメン、デブデブな男性でもいいですか。年が離れていればすぐに介護が必要になるかもしれません。

など「お金がある男性」という条件だけでは、思い描いていた結婚生活が送れないこともありそうです。また「目標設定を変えてみては?」という意見もありました。「裕福な暮らし、お金に満たされた生活」を望んでいると考えれば、高収入の男性と結婚するというのはあくまでひとつの手段であり、そのことにとらわれる必要はなくなるとのこと。

相談者さんの場合、専業主婦でなくてもいいと考えていること、現在も働いていて、通信制の大学にも通っていることなどから、もっといろいろなことに挑戦して自分磨きをしていくことで、視野も出会いも広がるのではないでしょうか。

高収入の男性が結婚相手に選ぶ人とは

男性ユーザーからは「僕が年収2000万、高学歴、イケメンの30歳だと仮定した場合、相談者さんを結婚対象としてはみません」という指摘がありました。

それは「男性にとって結婚相手とは、人生のパートナーであり、責任をとるべき相手であり、自分の子孫を残すための重要な相手である」から。それにともなって最低限必要になることは「相手がこれからどのような家庭を作り、どのような人生を歩んでいこうと考えているのかを知り、自分と合意を得ることができるか」ということなのだそう。

相談者さんの場合「年収がある程度あること」という条件以外、結婚に対する考えが見えないため“先のことをあまり深く考えていない=結婚に本気ではない女性”と見えるようです。

多かったのは「高学歴・高収入の男性の多くは仕事がめちゃめちゃ忙しいですよ」という意見。最初は玉の輿を狙っていたけれど、婚活をしていくうちに「お金よりも愛のある家庭をもつことの方が大事だと思うようになった」という意見もありました。

“自分が送りたい結婚生活とはどういうものなのか”をあらためて考えてみることで、理想の結婚へ近づけるのかもしれません。

参照:みんなの恋愛相談<出会い>「29歳高卒。今までお金持ちとばかり過ごしていました」

(emi/恋愛ユニバーシティ)

◇プロフィール

emi / 恋愛ユニバーシティ

WEBライター

WEBライター。恋愛、ダイエット、女性の生き方まとめ、などコンテンツ記事からセールスライティングまで多数執筆。恋愛暦ウン十年?の経験を活かすべく、女性が楽しく恋愛できて心身ともにハッピーになれるような記事を目指して日々奮闘中。

元記事を読む