1. トップ
  2. ヘア
  3. 誰もが弱いシャンプーの香り。夜まで香りを持続させる方法は?

誰もが弱いシャンプーの香り。夜まで香りを持続させる方法は?

  • 2016.4.26
  • 17362 views

男性が好きな香りといえば、真っ先に聞かれるのがシャンプーの香りですね。でもシャンプーの香りってすぐ消えちゃいませんか? 夜までいい香りを持続させる方法をご紹介します。

まずは洗い方に注意

香りを残すためにはシャンプーをする際の動作を再確認してみましょう。シャンプーを使う前にはきちんとブラッシングをして埃などの汚れを落とした後、お湯で予洗いをしておきましょう。しっかりと洗いながすことで、髪の毛はふんわりとした感じに仕上がって、香りが浸透し広がりやすくなります。

それから、手で入念に泡立てて洗います。また、シャンプーを香らせたいからといってすすぎ残しをしてしまうと、頭皮に雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。そうなるとかえって悪臭になったり、頭皮のトラブルになったりといいことは全くありません。

しっかりと洗い流して、健やかで清潔な頭皮環境を整えましょう。

 

ドライヤーは根元と内側から

頭皮に雑菌を繁殖させないためには、洗ったあとにきちんとドライヤーで乾かしてしまうことが必要です。根元から、頭皮を乾かすようにドライヤーをかけていきましょう。生乾きにならないよう注意してください。

またテンションをかけてキューティクルを整えておくと香りも残りやすくなります。

 

同シリーズのヘアケアを使う

シャンプーの香りだけでは物足りない時には、同シリーズのヘアケア製品を利用すると効果的です。同系統の香りが使われているため香りが長続きします。

ヘアコロンがあればそれが一番ですが、ない場合にはアウトバストリートメントやヘアクリームの香りが残りやすいでしょう。しかしあまり大量につけると、整髪料の匂いとしか認識されなくなりますので、通常の使用量を守ってください。

頭皮環境が重要

シャンプーの香りを長続きさせるには、阻害要因となる頭皮からの臭いを防ぐことが大切です。シャンプーの基礎を大事にして、適切なヘアケアを行うだけで香る髪は作れます。同時に頭皮や髪の毛を清潔に保つことはとてもよいことなのでぜひ見直してみてください。

元記事を読む