1. トップ
  2. 恋愛
  3. 2度目のデートはないNG言動とは? 嫌われちゃう婚活乙女の特徴2つ

2度目のデートはないNG言動とは? 嫌われちゃう婚活乙女の特徴2つ

  • 2016.4.25
  • 57566 views

こんにちは、恋愛カウンセラー森野ひなたです。

婚活中の一部の女性は、「2度目のデートに繋がらない」というお悩みを抱えていらっしゃいます。

今回は、「もう次はないな……」と男性に思われてしまうNG言動の特徴をお送りします。初対面のときに男性にやってしまっていないか、チェックしてみてくださいね。

そんなに折らないで! 腰ポッキポキタイプ

意外と多いのが、“話の腰を折りまくる、腰ポッキポキのタイプ”。しかも、本人はまったく悪気はありません。むしろ、相手の話をノリ良く盛り上げる優しい気づかいだったりも。

例えば、「オレこのあいだ北海道に行ったんだよね」と、男性が話しだすとします。女性は話を盛り上げるためにすかさず相槌を打ちつつ、「北海道、魚介美味しいよね〜!私も先月行ったんだけど、◯◯のカニがすっごく美味しかった〜! あなたは美味しいものはどこで食べたの?」と訊いてしまい、話の腰を折ってしまう……など。

彼は魚介の話がしたかったのではなく、富良野の美しい自然の話がしたかったのかも知れません。しかし途中で女性が話の腰を折ってしまうことで、彼は自分のしたい話ができなくなってしまいます。そうすると、彼は「つまらないな、そういうこと言いたかったわけじゃないのに」と感じやすくなります。

 

くくらないで! ひとまとめタイプ

恐らく、あなたの周りに一人は思い浮かぶのではないでしょうか?

「男って〜」「AB型って〜」「魚座って〜」と、ひとまとめにして「◯◯って、こうだよね」と語るタイプの女性。

もちろん、価値観は人それぞれなので、ひとまとめに「そういう傾向がある」と思っているのが悪いわけではありません。多かれ少なかれ、人はそんなふうに出会った人や物をパターンに当てはめようとする習性があるからです。

ただ、男性の多くは“ひとくくりにされる”ということを不快に感じます。ましてや初対面です。「オレの何を知っているんだ」と感じてしまいます。

オンリーワンでいたいと思う人が殆どというのを念頭に置き、初対面での“ひとくくり発言”は封印しましょう。占い好きの女性は少し気をつけたほうがいいかもしれません。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介した2つは、「悪気はなく、むしろ共通の話題で盛り上げよう」として陥りやすいNG言動です。初対面では、「次のデートに繋がるかどうか?」と女性も緊張してしまいますので、つい気負いがちに。

次のデートに繋がるよう、今回の記事がお役に立てたら幸いです。

【Photo】Shock / Brynn Tweeddale

(森野ひなた/ライター)

元記事を読む