1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「なんで気持ちが長続きしないの?」熱しやすくて冷めすい女子の傾向3つ

「なんで気持ちが長続きしないの?」熱しやすくて冷めすい女子の傾向3つ

  • 2016.4.25
  • 34579 views

猛烈アタックの末ようやくGETした彼なのに、「付き合ってみたら、なんだか違う気がする……」と言ってすぐ別れてしまう。これは、熱しやすくて冷めやすいタイプに多いパターンではないでしょうか。

皆さんの中に、「なんだか分からないけれど、毎回気持ちが長続きしないの」と悩んでいる女子はいませんか?

そこで今回は「熱しやすくて冷めやすい女子の傾向」をご紹介いたしますので自分と照らし合わせて見て下さい。

1:恋は勝負だと思っている

彼を落とす事に夢中になってしまい、相手本来の姿を見ていない事が多いのです。どうすれば、彼を手に入れられるのかの勝負を楽しんでいるのでしょう。

また、ライバルがいると燃えるタイプも同じです。彼が好きという気持ちより、相手の女子に負けたくないという想いの方がだんだん強くなってしまうのです。その為、彼を手にした途端、勝負のハラハラ・ドキドキ感が一気になくなるのと同時に彼への思いも冷めてしまうのでしょう。

 

2:思い込みが激しい

ひと目惚れの恋に多いのですが、自分本位な思い込みで彼を作り上げてしまうのは危険です。本来付き合う前の段階では、想像の彼と実際の彼とのギャップを埋めていく作業が必要なのですが、「彼は○○な人だ」と決めつけてしまっている為に、そのズレに気付くことが出来ません。

結果、蓋を開けてビックリな状況になってしまうのです。イメージだけで判断せず、しっかり、彼とコミュニケーションを取りましょう。

 

3:外見や肩書が好き

「彼の何処が好きなの?」と、自分に聞いてみましょう。一流企業に勤めているから将来安泰とか、顔がタイプとかの理由しか出て来ない場合は、彼を好きだと勘違いしている可能性があります。

もちろん、外見も肩書も人を好きになる“切っ掛け”としてはとても大切な要素です。しかし、あくまでもそれは“切っ掛け”です! それ以外の理由が見つかるまでは付き合わない方が良いでしょう。

 

いかがでしたか?

いいなと思う人が出来たら、まずは自分のアピールよりも、彼を知るという事に焦点を合わせてみましょう。

【Photo】Zacc Anson

(斎藤奈々子/ライター)

元記事を読む