1. トップ
  2. ファッション
  3. ディーゼル 2016年春夏コレクション - 自由な探究心が見つけたのは、純粋でエッジーなバランス

ディーゼル 2016年春夏コレクション - 自由な探究心が見つけたのは、純粋でエッジーなバランス

  • 2016.4.24
  • 2637 views

ディーゼル(DIESEL)の2016年春夏コレクションは、探究心溢れる自由なフィーリングを着想源に、型にはまらないブランドらしいワードローブを披露。エッジの効いたアイコニックなコーディネートに、ワイルドな要素をミックスするなど、あらゆるソースが思い起こされるアイテムが登場した。

「余分なものを削ぎ落とし、ディーゼルの純粋なDNAを抽出してコレクションを充実させた」とアーティスティック・ディレクターのニコラ・フォルミケッティ。モチーフは多様でありながらも、定番のデニムと相性の良いバランスが散見される。

例えばルックの前半に登場する、ミニマルなシルエットに多彩なカラーをのせたアイテムは、都会的なエッセンスを感じさせる。マスタードと濃いピンクの柄が印象的なトップスには、カーキのスカートを合わせ、バッグはサーモンピンクの小さなショルダーバッグをチョイス。同系色でありながらニュアンスの違うピンクを混ぜること、ミリタリーすら感じるディテールのボトムスをぶつけることで、シンプルなアイテムに力を与えている。

ルックの終盤には、デニムを純粋に楽しむ様子が描かれる。無地の白Tシャツと、ダメージやクラッシュが美しく施されたジーンズを合わせている。これぞ元祖デニムスタイルと言えるバランスにも、パンツのシルエットを刷新したもの、新たなデザインとカットを取り入れた。シンプルだからこそ、均衡を取りにくい部分は、アイテムの持つポテンシャルが大いに発揮されている。

元記事を読む