1. トップ
  2. レシピ
  3. こんなプチギフトはいかが?日本的土産3選。(Shizue Hamano)

こんなプチギフトはいかが?日本的土産3選。(Shizue Hamano)

  • 2016.4.24
  • 850 views

【さらに写真を見る】こんなプチギフトはいかが?日本的土産3選。(Shizue Hamano)

いざという時に、気の利いた日本ならではの手土産に悩むことありませんか?それも、大げさすぎずウィットに富んだ”ちょうど良い”プチギフトとなると難易度もアップ。手土産リストに加えたい、手仕事や伝統芸能・文化が香る3アイテムをご紹介。

力士スウィーツ!相撲チョコ&最中。

力士や行司が何とも可愛いチョコになったジャケ買い必至のスウィーツ土産。立派な化粧まわしを纏った横綱に、それより少し小さいサイズの力士、行司や呼出しまで揃った芸の細かさは、食べるのをためらってしまいます。チョコ以外に、行司が持つ軍配もチーフのもなかも。両国国技館はもちろん、「相撲銘品館」のHPでも購入可能。

桐箱に詰められた手作り楊枝。

楊枝というアイテムにこだわったことがなかったのですが、「こんなキュートな楊枝があるんだ!」と嬉しくなったのがこちら。江戸時代からはじまり、300年の歴史を誇る楊枝専門店「日本橋さるや」。黒文字という上質な樹を使って一本一本手作りで作られる名品です。伝統に裏打ちされた使い心地だけでなく、桐箱に納められたパッケージが可愛いのもギフトにぴったり。

浮世絵がポップに!?カラフルポチ袋。

気になっていた展覧会「俺たちの国芳 わたしの国貞」を見にBunkamura ザ・ミュージアムへ足を運びました。浮世絵をポップアートさながらに見せるキュレーションで展覧会の内容も見応えがあるものでしたが、期間中併設されているミュージアムショップも侮るなかれ。カラフルでポップなデザインの浮世絵アイテムがずらり。全て色とプリントが異なるポチ袋は、ちょっと粋なはからいになるのでは?展覧会は6月5日まで開催されているので、ショップのみへの再訪予定。

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む