1. トップ
  2. ダイエット
  3. トレーニング時間ゼロ!?ウエストにくびれをつくる「美姿勢ドローイン」

トレーニング時間ゼロ!?ウエストにくびれをつくる「美姿勢ドローイン」

  • 2016.4.24
  • 21577 views

こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。魅力溢れる潤い美人になる“自分自身のための”セルフトレーニング、一緒にしましょ!

ウエストのくびれがなかなかできないのは、運動したりストレッチしたり、筋トレしたりする時間が無いから・・・・・・?

今日からは、そんな言い訳できません!トレーニング時間を割かなくても、立っている・座っている・歩いているときの姿勢次第で、体幹トレーニングができるのですから。

■■「美姿勢」の維持は筋トレになる

筋トレは、ウエストラインをキュッと引き締める筋力を高めるために必要不可欠。衰えていた筋力を取り戻すことで、エネルギーを消費するはたらきが高まり、より効率よく体脂肪を燃焼する“やせ体質”に整えることができます。

家でへなへなっと姿勢を崩すと、とても楽になりますよね。実は、“美しい姿勢を維持する”のには、筋力が必要。意識して美姿勢で過ごすことで、筋トレや運動に特別な時間を割かなくても、筋力を高め、やせやすい体質に整えることができるのです。

■■ウエストラインを引き締めるなら「ドローイン美姿勢」で

ウエストラインを引き締め、くびれを作るには、美姿勢で体幹の筋肉を鍛えながら、垂れ下がりがちなお肉をキュッと持ち上げることが大切。

筋トレと引き上げの両方を同時に行うには、ウエストの引き締め効果が期待できる「ドローイン」と、全身の体幹の筋肉を鍛える「美姿勢」を同時におこなう「ドローイン美姿勢」がおすすめです。

ドローインで呼吸を意識することで、より代謝をアップさせやすく、力を入れやすくなります。

■■ウエストにくびれをつくる「ドローイン美姿勢」の方法

美姿勢に整えたら、準備OK!ドローインで、お腹のお肉を撃退しましょう。

【ステップ1】姿勢を整える1.両足首と両ひざを揃えて立つ(座る)2.思いっきりお腹を伸ばすように、上半身を持ち上げ、胸をはる3.まっすぐ前を向く

【ステップ2】ドローイン1.下腹を胸まで持ち上げるイメージで、お腹を凹ませながら引き上げる2.お尻の穴をキュッと閉めるように、お尻に力を入れる3.お腹を凹ませた状態をキープしたまま、大きく深呼吸する※息を吐くときに「もっとお腹を凹ませる」イメージでお腹に力を入れ、勢い良く息を吐き出すと、筋トレ効果が高まります

もちろん、ドローイン中もずっと美姿勢をキープしましょう。

■■いつでも、どこでも、トレーニング可能!

このドローイン美姿勢なら、机に座っていても、立っていても、いつでも、どこでも可能。レジに並んでいる時間、テレビを観ている時間、歩いているとき、どんなときもトレーニングタイムに変えることができます。

■■ドローイン美姿勢は究極の「ながらトレーニング」

ジムに通わなくても、トレーニングタイムを割かなくても、その場でウエストを絞るトレーニングができる「美姿勢ドローイン」。

深呼吸することで全身に酸素を供給することができますから、代謝や消費カロリーのアップにもつながりますよ。ぜひ、今すぐ、この場から始めませんか?(NaoKiyota/ライター)

(ハウコレ編集部)

元記事を読む