1. トップ
  2. 恋愛
  3. 可愛げない女になってない?モテない「隙なし女」の特徴3つ

可愛げない女になってない?モテない「隙なし女」の特徴3つ

  • 2016.4.23
  • 34753 views

「わたし、隙がない女だってよく言われるんです」と婚活相談でもよく聞く言葉なのですが、つまりは声をかけにくい、恋愛対象にしにくい、お誘いしても断られそう、そんなイメージということですね。

また、僕がいなくても大丈夫と思わせる自立心や強さを感じさせる人、男性にライバル意識を持っている人も「隙がない」と言われてしまうようです。でも、隙っていったい何なのでしょうか? 私は「可愛げ」だと思っています。今回は隙がない女の特徴を3つ分析してみました。

■会話が理屈っぽい

少しでも気になることがあると問い正さないではいられない、自分と異なる意見には理詰めで正していかないと気が済まない。

仕事ならまだしも、何気ない会話には、上手く流すという術も必要です。そして、事実だけに固執せず、相手がどんな気持ちで話しているかを感じとった「気持ちが分かる会話」でないと相手も気が休まりません。

「共感」のない「理詰め」の会話は「隙がない」印象を与えてしまいます。

■表情が曖昧

以前のコラム「話が弾まないワケは「表情の曖昧さ」!?モテ会話術」(【あわせて読みたい】をチェック!)でも書きましたが、感情が素直に伝わる表情や立ち居振る舞いは、人の印象を大きく左右します。

曖昧で分かりにくい表情は、クールでとっつきにくいなど、「気さくに声を掛けやすい雰囲気」がない、つまり「隙がない」ということ。

その表情から気持ちが読み取れるような、分かり易い表現力は「可愛げ」に不可欠です。

■男女意識が強く頼ることができない

例えばお食事の席などで、男性が奢りますと言ってくれても、頑なに支払おうとするタイプも隙がない印象を与えます。

貸し借りは作りたくない、男性に甘えてると思われたくない、男女は平等だから奢られるのはおかしいなど、間違ってはいませんが、あまり頑なだと「可愛げがない」と思われてしまいます。

奢ってもらったら笑顔でお礼して、次の機会には自分がご招待するなどの柔軟さがないと「融通が利かない頑な人」と思われ、やはり隙がないと言われてしまいます。

隙のない女に当てはまっている人は要注意ですが、上記3点に少し気を配るだけでグッと「可愛げ」が増して印象が変わるはずです。これを機に男性への対応を見直してみてはいかがでしょうか。

(水野 真由美)

元記事を読む