1. トップ
  2. レシピ
  3. 肉を食べても太らない!? 赤身肉でやせ体質になれる3つの理由

肉を食べても太らない!? 赤身肉でやせ体質になれる3つの理由

  • 2016.4.23
  • 24034 views

肉料理と聞くと、高カロリーでダイエットには不向きなイメージがありますが、実はそうではありません。しっかり肉を食べて痩せる「赤身肉ダイエット」をご紹介しましょう。

野菜中心の食事には落とし穴が

栄養的には野菜はダイエットに向いています。しかし、生野菜ばかり摂ると身体を冷やし、たんぱく質の不足により脂肪を燃やしにくい身体になってしまうのです。摂取カロリーを減らしても、痩せにくい身体になっては逆効果。実は野菜と一緒に肉もしっかり摂った方が基礎代謝を上げることができるので、ダイエット効果が高いということです。

 

赤身肉の栄養素

基本的に肉は、霜降りなど脂分が多い方が美味しいものです。しかし、脂肪分の多い肉はダイエットに不向きなので、赤身肉を選びましょう。

牛肉や羊肉、豚肉などの赤身肉には、良質なたんぱく質が多く含まれており、貧血や冷えに効果のある鉄分、代謝や血液の合成を助けるビタミンB群の他、脂肪の燃焼を促す効果のあるL-カルニチンが豊富です。これらの栄養素は肉以外の食材では摂取が難しいので、脂肪分が少ない赤身肉はダイエットに効果的だということがわかります。

 

消化にエネルギーを消費する

肉は確かに野菜に比べ高カロリーです。しかし肉は、野菜に比べて消化時に多くのエネルギーを要します。つまり、カロリーは高くても消費エネルギーが多いので単純に摂取カロリーが増えた分だけ体脂肪になるわけではないのです。

基礎代謝の増加やダイエットに効く栄養素など、総合的に見てみればやはり赤身肉を摂取した方がダイエットに効果があります。

赤身肉でやせ体質に

このように赤身肉を摂取すると、「基礎代謝を上げる」「脂肪の燃焼を促す」「消化時にエネルギーを消費する」という3つの効果でやせ体質になれるというわけです。野菜しか食べていないのに上手くダイエットができないという方、肉が大好きで肉を食べたいのに仕方なく我慢しているという方など、ぜひ「赤身肉ダイエット」を試してみてはいかがでしょうか。好きなものを食べてやせられるなんて最高ですよね。

(水林ゆづる/ライター)

元記事を読む