1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ハリポタ』ダニエル・ラドクリフ、エドワード・スノーデンをモデルにした舞台に出演!

『ハリポタ』ダニエル・ラドクリフ、エドワード・スノーデンをモデルにした舞台に出演!

  • 2016.4.22
  • 16644 views

大ヒット映画『ハリー・ポッター』シリーズで主役を演じたダニエル・ラドクリフが、アメリカ国家安全保障局(NSA)を告発した元局員エドワード・スノーデンをモデルにした舞台『Privacy』に出演することが明らかとなった。米BROADWAY.COMが報じている。

undefined

【関連お先見!】『ハリポタ』のドラコ・マルフォイ役トム・フェルトンが殺人犯!? 新・犯罪ドラマ『Murder in the First』で限りなく怪しい容疑者役に挑戦!

2013年6月、香港で複数のメディアのインタビューを受け、NSAによる個人情報収集の手口を告発したスノーデンは、米司法当局より逮捕命令が出され、同年は期限付きの滞在許可証を発給したロシアに滞在していた。

スノーデンの告発にインスパイアされた『Privacy』は、テクノロジーと情報管理にまつわる複雑な事情を、孤独な男の目を通して描かれる作品。ある街に移ってきたばかりのダニエル演じる男は、どうタグ付けしたり"いいね!"をすれば、自分に関する全ての情報を人に与えずに、自分の生活をネットでシェアできるかを模索しているという役柄。本作を見れば、個々が選択するテクノロジーの使い方で、その人物が何者で、何を求めているのかが分かるという。さらに舞台の公演中、観客は携帯電話を切らないように求められ、オンラインになっている電話に、何が起きて誰とつながるかという実験的な試みもなされるとのこと。

ダニエルのほかには、ラフィ・バルソーミアン(『ヴァンパイア・ダイアリーズ』)、レイチェル・ドラッチ(『ウソツキは結婚のはじまり』)、レグ・ロジャース(『グッド・ワイフ』)などがキャストに名を連ねる。

2008年に演劇『Equus』でブロードウェイデビューを飾ったダニエルは、『努力しないで出世する方法』と『イニシュマン島のビリー』でも舞台を踏んでいる。

近年は舞台での活躍も目立つダニエルが主演する『Privacy』は、パブリックス・ニューマン・シアターにて7月5日(火)よりプレビュー公演が始まり、本公演は7月18日(月)から8月7日(日)まで上演予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダニエル・ラドクリフ
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む