1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. くちびるをふっくら肉厚、桜色に変える方法♪

くちびるをふっくら肉厚、桜色に変える方法♪

  • 2016.4.22
  • 9248 views

くちびるの色は年齢とともにどす黒くなったり、色が薄くなったりしていきます。そして厚さも薄くなってきてしまい、もっと唇にもふくらみが欲しいところですよね。くちびるの色が悪ければ顔色全体もくすんで見えてしまい、厚さがなければなんだか貧相なイメージに。

ふっくら桜色のくちびるを手に入れて見た目年齢を変えてしまいましょう♪

くちびるは乾燥しやすい

実はくちびるって口内から飛び出した『粘膜』なんです!

そのために乾燥しやすく、口内炎などのトラブルが出やすく、胃腸が悪くなるとすぐにくちびるに出てくるというワケ。粘膜なのでほかの皮膚よりも乾燥に気を付けてあげないとすぐにトラブルが起こるのです。

 

くちびるの色が悪いのは?

理由はふたつあります。

①血行不良

②色素沈着

血行不良はスクラブとリップやオイルなどを混ぜて、くちびるをクルクルマッサージしてやることで瞬時にくすみが取れて桜色のくちびるに。おすすめは砂糖とオイルを混ぜたものです。

またくちびるの色素沈着の多くの原因は、クレンジングできれいに取り除くことができてないこと。

ポイントメイク用のリムーバーでしっかりふき取り、洗顔するようにしましょう。

その後睡眠をたっぷり取り、保湿力の高いリップなどを使うようにしていれば

くちびるのターンオーバーは3日から6日といわれているので早めに改善することができます。

 

しぼんじゃったくちびるは?

こちらも血行不良なのである程度はすぐに元に戻ります。上記のマッサージにプラスしてくちびるパックをしてあげましょう。

はちみつをたっぷり乗せてラップで覆い、蒸しタオルで蒸すだけです。タオルが覚めてきたらおしまい。ティッシュでふき取ってさらにリップを塗って眠りましょう。

リップでやってしまいがちなのが、昼用の紫外線防止剤入りのリップを就寝前にも使うこと。昼用のリップはあくまでも昼用なので、夜は刺激のないリップを使うようにしましょうね。

(只野あさみ/ライター)

元記事を読む