1. トップ
  2. グルメ
  3. 外食が多い人必見! ダイエット中の平日ランチを上手にとる3つのコツ

外食が多い人必見! ダイエット中の平日ランチを上手にとる3つのコツ

  • 2016.4.22
  • 28084 views

上手にダイエットをしている人というのは、外食においてもダイエットを意識しています。ダイエット中に覚えておくと便利な、平日ランチを上手にとるコツをご紹介しましょう。

カロリーが高いものは避ける

最近ではメニューにカロリー表示があるお店も増えていますが、小さな定食屋などではまだまだ一般的ではありません。自分である程度のカロリー計算ができると外食でメニューを選ぶときに便利ですが、それは少しハードルが高いですね。従って、避けた方が良い食べ物を覚えておき、外食ではそのメニューを選ばないようにするという方法をおすすめします。

例を挙げると、唐揚げや天ぷらなどの揚げ物、パスタやピザなどの洋食、ラーメンなどです。逆におすすめなのが揚げ物を使わない和定食。少なめのご飯に汁物、野菜たっぷりの和定食は、低カロリーで栄養バランスが整っており、ダイエットに向いている外食であるといえます。

 

満腹感が得られるものを選ぶ

ダイエットを意識するあまり、昼食時に量の少ない食事を選んでしまう方が多いですが、昼食で満足感が得られないと、間食に走ってしまったり、夕食を食べ過ぎてしまったりする可能性があります。時間が遅くなれば遅くなるほど、その後にカロリーを消費することができなくなるので、夕食よりは昼食でしっかりと食事を摂った方が良いでしょう。

 

食べ順も意識しよう

ダイエットを考えながらセレクトする食事は、自然とバランスのとれたメニューにはなると思います。そこでダイエット効果をさらに高めるために、食べ順も意識してみましょう。

最初に手を付けるのは汁物と野菜です。次に肉や魚などのタンパク質へ移り、ご飯などの炭水化物は最後にします。食べ順を意識するだけでも血糖値が上がりにくくなるので、脂肪の吸収を抑えることができるのです。

 

覚えておくと便利

近年ヘルシー指向が高まってはいるものの、基本的に外食はダイエットには不向き。しかし、付き合いなどで仕方なく外食が増えてしまうという方も多いですよね。普段外食を多く利用する方は、これらのコツを覚えておくときっと役に立つでしょう。

(水林ゆづる/ライター)

元記事を読む