1. トップ
  2. レシピ
  3. 新たな穀物ブームの仲間入り?スペルト小麦(ファロ)を食べてみた!

新たな穀物ブームの仲間入り?スペルト小麦(ファロ)を食べてみた!

  • 2016.4.22
  • 4640 views

ヘルシーな食材、スローフードとして、ここ数年、数々の穀物が話題となってきました。忙しい日々を過ごす現代人の永遠のテーマとされているダイエットや健康、それらに一役かっているのが穀物とされており様々な種類がブームとなっています。そんな中、ここ最近、アメリカで人気となっているのがイタリアやヨーロッパでは有名なFarro(ファロ)と呼ばれるスペルト小麦種の古来穀物です。何それ?というあなたにシカゴからの最新レポートです。

健康素材・スペルト小麦(ファロ )が今人気の理由

スペルト小麦・ファロは、地球上で最も古い栽培穀物の1つと言われ、現在のいわゆる小麦の原種です。ペルシャ湾や地中海近くから広がったとされており、貧しい土壌や乾燥、湿気などに強く育てやすいと言われています。炭水化物、たんぱく質、脂肪、食物繊維、ビタミンを多く含む賢い穀物なのです。
古来小麦なので化学肥料、除草剤などの有害物質を使わずに栽培されてきた強い品種で、人工的品種改良などもされておらず、ただ自然の恵みの中で育ったことが健康素材にはもってこいと認められる穀物なのです。小麦でありながら、小麦粉アレルギーの人が食べてもアレルギーを発症しづらい(すべての人がしない、というわけではありません)という特徴もあり、小麦の代用品として使っている家庭も多いようです。免疫力を高めるのに必要な炭水化物を含み、糖尿病、高血糖値の人に優しい低糖質で、ビタミンA、C、D、Eなどを多く含むので抗酸化作用やアンチエイジングにも効果があるとされています。炭水化物の消化吸収も早く、健康志向の人達や持久力を必要とするアスリートにもファンが多く人気となっています。


手軽に料理に活用できるのも人気の秘密

調理方法はいたって簡単。さっと洗浄した後、熱湯の中に入れて数分ゆでるだけ。その後、お好みの調理方法で料理をして味付けをするのですが、穀類独特の優しい甘さと風味の豊かさが口の中に広がって、おいしいんです。臭みなど癖もありません。食感はモチモチ感に加え、プチプチと弾むような食べ応えもあり、なんとも面白いファロは子供から大人まで幅広い年齢層に好まれそうな新食感です。

どんな素材とも相性がよく、調理法もラクちんなのがウケている

Farro (ファロ)には豊富なビタミンや豊富な栄養素が多く含まれているのは先にご紹介しましたが、それを摂取しない手はありません。簡単に手早く出来る料理にも役立つFarro (ファロ)は、朝食用のシリアルと合わせてミルクと一緒に、スープとして、ピラフやリゾットとしてごはんの代わりに、さっぱりとサラダ仕立てにといろいろなアイディアが出てきます。どんな料理とでも美味しい伴奏を奏でることで他の食材の風味を取り込み食べやすく、いつの間にかFarro (ファロ)が主食になる日々。レシピもいくつか作ってみました。
これなら、ヘルシーな食生活を無理なくこなせるようになりそうです。まだ日本で買えるところは少なそうですが、日本で流行するときも近いかも!?


ポルチーニマッシュルームリゾットにオクラ、ニンジンを混ぜた一品

さっぱりオリーブオイル仕立ての和風味サラダは日本人に合う味と食感の仕上がり

文・写真/ホリコミュニケーション 脇方真由美

元記事を読む