1. トップ
  2. ダイエット
  3. 自分磨き狂いはおしまい! 余裕感のある女子の本当の自分磨きとは

自分磨き狂いはおしまい! 余裕感のある女子の本当の自分磨きとは

  • 2016.4.21
  • 9204 views

自分磨きに夢中になっている女性、いますよね。一分一秒もムダにしないストイックな姿に感銘を受け、「わたしも自分磨きしなきゃ!」なんて感化される女性もいるのではないでしょうか。

でも、それってもしかしたら“自分磨き狂い”状態になってるかもしれません。本当に素敵な女性は余裕感のある自分磨きをしていますよ。本当の自分磨きとはどういうものか、チェックしていきましょう。

1、やりたいことよりやるべきことが出来ている

「自分がやりたいことってたくさんあります。英語を習いたいし、ヨガも行きたい。岩盤浴にも通いたいし、エステだって行きたい…でもまず、自分がやるべきことをやることが先決だと思って、やりたいことよりやるべきことをやっています。そうすることで、やることをやってからやりたいことを思う存分楽しめるんです」(30代女性・警察官)

自分磨きという言葉になると、ただの趣味というよりも実益を兼ねたものの感じがしますよね。多少、やるべきことがおざなりになっても自分磨きのためなら許される……という感覚に陥ってしまうこともあるかもしれません。

でも、余裕感のある自分磨きではそれはご法度。やるべきことをやったうえで、思う存分楽しむのが心に最高に余裕を持った状態で自分磨きに打ち込めるのです。

 

2、時間に余裕をもって趣味を楽しんでいる

「あれしなきゃ、これしなきゃ…と右往左往していると、なにをやっても集中できないですよね。多くを望むクセがあるけど時間はそうそうないので、いつもせかせかして自分磨き出来ていない気がしています。ヨガでよく会う女性は、いつも時間にゆとりを持っていて…早めに来てストレッチをしているし、ヨガ後は併設されたお風呂にゆっくりと浸かっている……わたしはそそくさと汗を流して退散ですからすごい差ですよね。あの余裕感羨ましいです」(20代女性・会社員)

せかせかして自分磨きをしていても、はたから見たら「それって自分磨きになってる?」って感じですよね。時間に余裕を持って行動してこそ、自他ともに認めることが出来る自分磨きと言えるのではないでしょうか。

 

3、金額より効果とやりがいを重視して選んでいる

自分磨きに出費はつきもの。自分のために投資するのですから、多少の投資は仕方ないと思われます。でも実際のところ、金額を気にしてしまって思い望んだものとは違うことに手を出してしまった経験……ありませんか?

余裕感のある自分磨きに徹する女性は、“出費を出来るだけ安く抑えること”よりも“自分がやりたいこと”に焦点を合わせて考えています。金額よりも、自分がどんなことで自分磨きにしたいかを理解したうえで、効果が期待できる内容にのみ自分に投資をしているのです。

 

皆さんも、せっかく自分磨きをするのなら、自分で満足し、周りからも素敵だと思われる自分磨きをしませんか?

(きえお/ライター)

元記事を読む