1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ブレイブハート』メル・ギブソンがTVドラマに監督・出演

『ブレイブハート』メル・ギブソンがTVドラマに監督・出演

  • 2016.4.21
  • 1354 views

数多くの映画で俳優として活躍する一方、製作・監督も務めた主演映画『ブレイブハート』(1995年)ではアカデミー賞作品賞、監督賞に輝いたメル・ギブソン。彼が、カリフォルニアのゴールド・ラッシュ時代を描くTVシリーズ『The Barbary Coast(原題)』に出演し、脚本と監督も務めることが分かった。米Varietyが報じている。

undefined

【関連お先見!】アメリカ独立戦争のスパイ・ネットワークの諜報活動を描いた歴史コスチューム・ドラマ『TURN』

『クリミナル・マインド』で製作総指揮を務めるマーク・ゴードンの製作会社が企画を進めており、どの局で放送されるかはまだ決まっていない。ケイト・ハドソン(『10日間で男を上手にフル方法』)とカート・ラッセル(『ワイルド・スピード SKY MISSION』)が出演する。製作総指揮には、ブルース・デイヴィ(『キック・オーバー』)、オリヴァー・ハドソン(『ドーソンズ・クリーク 青春の輝き』)、ワイアット・ラッセル(『ブル~ス一家は大暴走!』)、リック・ニシータ(『ドリームハウス』)などが名を連ね、ケイトとカートも参加する。

本作の詳細はまだ明らかになっていないが、金が発掘され何千人という探鉱者、冒険家、移住者が、開拓されていないカリフォルニア西部に流れ込んできた1849年のサンフランシスコが舞台だという。「多くの人々は、サンフランシスコの歴史に隠されたスキャンダルを知りません。この作品では、不正に残忍な手段で成功を成し遂げた時代を色濃く描きます。私は、歴史の中でも厄介なこの時代を明敏にディレクションしてくれるメルとともに、カート、ケイトと一緒に仕事ができることをとても楽しみにしています」と、ゴードンはコメントしている。

マーク・ゴードン・カンパニーでは、米Showtimeの『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』や、米ABCの『グレイズ・アナトミー』、米CBSの『クリミナル・マインド』を製作している。ゴードンは、キーファー・サザーランド(『24 -TWENTY FOUR-』)が大統領を演じるABCの新作ドラマ『Designated Survivor(原題)』の製作も担当する。

近年のメルは、『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』や『マチェーテ・キルズ』に出演。『マチェーテ・キルズ』は続編の製作も決まり、今年の8月には主演映画『Blood Father(原題)』が米国で公開される。(海外ドラマNAVI)

Photo:メル・ギブソン
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む