1. トップ
  2. 恋愛
  3. 似ているだけじゃつまらない! 趣味の違う恋人の良さ

似ているだけじゃつまらない! 趣味の違う恋人の良さ

  • 2016.4.20
  • 10369 views

類は友を呼ぶとも言われるとおり、日常では同じような人と付き合うことが多いですね。実は異なる人と付き合うからこそ得られる良さもあります。どんな良さがあるのでしょうか。

似た者同士より世界観が広がる

まず、趣味が違うということでお互いに恋人の趣味を分かり合えれば、その分それぞれの世界を共有できることから似た者同士で付き合うよりも、世界が2倍になると考えてみてはいかがでしょうか。お互いに知らないからこそ、その世界が分かり合えるなら楽しさも広がるでしょう。

さらに相手の趣味を受け入れられるのであれば、自分の趣味をもうひとつ増やすことになります。それぞれの感性の違いもあると思いますので、「こんなふうな考え方もあるんだね」という学びにもなり、一緒にいて飽きないカップルになるでしょう。

 

考え方が違うことへの気づき

恋人に限らず、私たちは血のつながっている兄弟姉妹でさえも、考え方が異なります。似た者同士で付き合うと、わかってもらって当たり前ということが前面に出てしまいやすく、わかってくれないことへの苛立ちやケンカになることもよくあります。また相手のことがわかるがゆえに深く傷をつけてしまうコトも。

その反面、もともと趣味が合わないというカップルは、相手が異なる考えを持っているということが当たり前という前提のため、思いやりや気遣いを忘れないことがメリットです。もちろん合わないからケンカになってしまうこともありますが、わかってもらって当たり前という甘えが出にくくなります。

 

思いやりのデートで急接近

デートプランを半分ずつに分けて、彼氏と彼女のやりたいことをそれぞれが体験するという1日にもできますね。あまり我慢を強いられるものや、絶対イヤというものは避けたほうが無難です。そこで、恋人が好きなものなら少し挑戦してみようかなと、前向きな気持ちになれるかどうかという点で趣味をすすめてみましょう。

デートでは自分の趣味を100%楽しめないかもしれませんが、その分ひとりで楽しむ時間をとればストレスにもなりにくいですね。趣味は違うけれど思いやりがある人、など人柄が伝われば好感度がアップ、似た者同士よりもドキドキ度は高めになるでしょう。

未知の世界を楽しめるのが鍵

趣味の違う恋人を選ばないという人も多いと思いますが、違うからこそ自分が成長する機会が与えられているのがメリットです。相手の考え方を受け入れ、新たな楽しみを見つけられれば、むしろ違っていて良かったと思えるかもしれませんね。恋人のみならず、仕事仲間や友だちを選ぶ時の参考にもなるでしょう。

(西園寺さくら/ライター)

元記事を読む