1. トップ
  2. ファッション
  3. コーチ表参道がリニューアル - メッセージを刻印できる限定「サドル バッグ」を発売

コーチ表参道がリニューアル - メッセージを刻印できる限定「サドル バッグ」を発売

  • 2016.4.20
  • 1870 views

コーチ(COACH)が東京・表参道に構える旗艦店「コーチ表参道」は、2016年4月23日(土)、装いも新たにリニューアルオープンする。

2013年より、エグゼクティブ・クリエイティブ・デザイナーにスチュアート・ヴィヴァースを迎え、よりモダンな進化を遂げているコーチ。今回のリニューアルでは、従来のユニークな建築デザインを活かしながら、インテリアと什器を進化させることで、今日のブランドイメージを視覚的、感覚的に表現している。

2フロアからなる店舗では、1階にウィメンズ、2階にメンズウェアを展開。ランウェイコレクション「COACH 1941」をウィメンズ、メンズともにフィーチャーし、コーチにおける最もハイエンドなコレクションが取り扱う。

■1階 ウィメンズフロア

壁一面にニューヨークのラウンドスケープがあしらわれた開放的な空間では、2016年春コレクションを展開。「アメリカーナへの探求」というテーマを落とし込んだウェアは、カラフルでフレッシュなものばかり。レザーのパッチワークジャケットや恐竜モチーフのニットなど、表情豊かなものが揃う。

人気のバッグラインからは、‟ラッキーチャーム”付きの「ディンキー」やグラフタンレザーを使用した「サドル バッグ」、新作「ローグ」などがラインナップ。注目は、限定発売となる「ダッフル」。大小2サイズ展開で、カラーバリエーションも豊富だ。

■2階 メンズフロア

1階同様に、ニューヨークのラウンドスケープを壁面に映し出し、ブランドの世界観を表現。アメリカンカルチャーに注目した2016年春メンズコレクションのウェアやシューズは、ウッド調の什器に配置した。人気のバックパック、スモールレザーグッズなども、種類豊富に取り揃える。

■都内3店舗目「クラフトマンシップ・バー」

1階メインエリアでは、マンハッタンの工房を思わせる「クラフトマンシップ・バー」を導入。特別仕様のモノグラミングや製品の修理、レザーケアなど、来店者のニーズに合わせた様々なサービスを提案していく。

リニューアルオープンを記念して、限定バッグ「ビスポーク ストーリーパッチ サドル」をメンズ・ウィメンズともに発売する。内側に付属する‟ストーリーパッチ”に、180文字までのオリジナルメッセージを刻印することが可能。世界に一つだけの特別なバッグは、自分へのご褒美にも、大切な人へのギフトにもオススメだ。

なお、リニューアルオープン当日の4月23日(土)、24日(日)には、来店者に先着でフリードリンクサービスを実施。この機会に、新しくなった「コーチ表参道」に足を運んでみてはいかがだろう。

【ストア詳細】
コーチ表参道 リニューアルオープン
リニューアルオープン日:2016年4月23日(土)
住所:東京都港区北青山3-6-1
TEL:03-5468-7121
営業時間:11:00~20:00 ※不定休。
店舗面積:140坪
フロア構成:1階 ウィメンズ、クラフトマンシップ・バー、2階 メンズ

■ビスポーク ストーリーパッチ サドル<限定30個>
・ウィメンズ 全12色 各83,000円+税(サイズ:H20×W23×D7cm)
・メンズ 全5色 各135,000円+税(サイズ:H33×W38×D10cm)
※文字色:黒、フォント:英字(大文字)、文字数:最大180文字
※ストーリーパッチの色は、バッグの色にによって異なる。
※引き渡しは、注文後4~6週間以内(予定)。

【問い合わせ先】
コーチ・カスタマーサービス・ジャパン
TEL:0120-556-750 

元記事を読む