1. トップ
  2. グルメ
  3. 週3日間だけオープン。焼き立てのしっとりマフィンが食べられる鎌倉のマフィン専門店「米町マフィンズ」

週3日間だけオープン。焼き立てのしっとりマフィンが食べられる鎌倉のマフィン専門店「米町マフィンズ」

  • 2016.4.20
  • 9079 views

鎌倉の大町にある「米町(コメマチ)マフィンズ」は、やさしい味わいが人気のマフィン専門店。週3日だけ営業しているこちらのお店は、週末の午前中が狙い目です。お天気のいい日はテイクアウトして鎌倉さんぽへ繰り出しましょう。

やさしい味わいの秘密は、はちみつでした

JR鎌倉駅東口から逗子方面に向かって歩くこと約5分。手作りマフィンの専門店「米町マフィンズ」は表通りを入った、人ひとり通るのがやっとという細い路地の奥にあります。

こちらのマフィンの特徴は、甘味にはちみつを使っていること。しっとりとした生地とほんのりとした甘みで、リピーターが多いのも納得のおいしさです。

2代目オーナーの松井葉子さんは着物を仕立てる和裁が本職で、もともとは前オーナーが作るマフィンのファンだったのだそう。縁あってお店を引き継ぐことになり、先代からレシピを託されました。

営業日は毎週金〜日曜までの3日間で、朝5時から一つひとつ、ていねいに焼き上げてお店に並べます。準備が整い、大通り沿いに看板を出すと、待ちかねたようにお客さんがやってきます。

焼きたてマフィンが売り切れ次第、閉店です

マフィンは全部で10種類。その中から日替わりで5種類が店頭に並びます。定番の「プレーン」(180円)は素朴な味わい。生地に抹茶を練り込み、真ん中に粒あんを入れた「抹茶」(220円)は、抹茶の香りとあんの舌触りが絶妙です。

クリームチーズの存在感が際立つ「クリームチーズ」(240円)は、粗塩がアクセントになったシャープな味で、ビールとの相性もいいのだとか。全商品が保存料フリーなのもうれしいですね。

マフィンをテイクアウトして家で食べる時は、袋のままレンジで5秒ほど温めてからトースターで焼くと、おいしさがアップするそうですよ。

アールグレイの生地にオレンジピールがトッピングされた「紅茶」(200円)や、6種類のゴマがたっぷり入った「ゴマ」も人気です(220円)。

6月下旬頃から店頭に並ぶ「パイナップルココナッツ」(220円)、冬季限定の「チョコ」(240円)を心待ちにする常連さんも多いそう。どれもおいしそうで、全種類味わってみたくなります。

テイクアウトもイートインもできます

店内には居心地のいいイートインスペースも併設されているので、ほっとひと息つきながら、オーナーに鎌倉情報を聞いてみるのもいいですね。

予約販売は営業日以外でも対応してくれるそう。焼きたてのマフィンを持って鎌倉散策に出かけてみてはいかがですか?

元記事を読む