1. トップ
  2. メイク
  3. シミ・シワはあえて”チョイ見せ”!老け顏にならないメイク技

シミ・シワはあえて”チョイ見せ”!老け顏にならないメイク技

  • 2016.4.19
  • 3377 views

こんにちは!キレイナビ代表・美容家やの飯塚美香です。

シミやシワ、毛穴にクマ…。肌悩みを隠すために、カバー力のあるファンデーションやコンシーラーを厚塗りしていませんか?メイクで隠し過ぎると、かえってそこが目立ち老け顏になってしまうことも。シミやシワはあえてのチョイ見せが若見えメイクのポイントです!

チョイ見せ部分と隠す部分

メイクをする時に、肌悩みを全て隠してしまうと、肌の質感が見えずに不自然になってしまいます。時間が経つにつれて、隠した部分がよれてメイク崩れの原因にも。何より、シミやシワを隠し過ぎることで老けた印象を与えてしまうのです!

そこで、あえてチョイ見せする部分と隠す部分とを分けて、ナチュラル感を残すのがおすすめ。小さいシミやシワ、そばかす、ほうれい線はチョイ見せでOK。大きなシミ、毛穴、クマやくすみは隠すようにしましょう。

コンシーラーはリキッドタイプをブラシで

出典:ルナソル

スティックタイプのコンシーラーだと、ムラになったり厚ぼったくなりがち。大きなシミやくすみ、クマをカバーするなら、リキッドタイプのコンシーラーブラシでつけましょう。


肌と同じか少しだけ明るめのカラーをチョイス。隠したい部分に、コンシーラーをブラシで付けた後に指の腹で優しくたたきながらなじませます。力加減が強いとコンシーラーが取れてしまいますので、力が入りにくい利き手とは逆の薬指を使うのがおすすめです。

パウダーファンデを軽くのせる

リキッドファンデーションやクリームファンデーションではなく、軽いパウダーファンデーションがおすすめ。パフやスポンジではなく、大きめのブラシで軽くのせるようにつけましょう。

毛穴が気になる部分はブラシを垂直にあててトントンとたたくようにすると、上手にカバーできます。フェイスラインや頬の下など、比較的肌がキレイな部分にはファンデーションはあまり付けないほうが透明感を出せます。

ハイライトはパウダーではなくスティックタイプ

出典:RMK

メイクの仕上げに使うハイライト。パウダータイプを使う方が多いと思いますが、必要以上に付いてしまって老け顏の原因に。おすすめは、ピンポイントでツヤ感をプラスできるスティックタイプのハイライトです。

のせる場所は、左右の頬骨、目と目の間、あごの4ヶ所です。スティックで小さくのせたら、軽く指でぼかせばOK。他の部分はナチュラルに仕上げ、4ヶ所のみにハイライトで輝きをもたせる。このメリハリが厚塗りしなくても肌悩みを目立たせることなく、若見えメイクに仕上がるポイントです。

肌悩みをカバーすることばかりに気をとられず、顔全体の印象を意識するようにしましょう。気になる部分は、隠すよりチョイ見せ!その方がメイクがキレイに仕上がり若々しく見えますよ!ぜひ試してみて下さいね。

元記事を読む