1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 佐賀・御船山楽園「花まつり」春は2千本の桜・初夏はツツジと大藤が開花、九州最大規模のライトアップも

佐賀・御船山楽園「花まつり」春は2千本の桜・初夏はツツジと大藤が開花、九州最大規模のライトアップも

  • 2016.4.18
  • 476 views

佐賀県・御船山楽園にて、桜やつつじ、大藤が開花する「花まつり」が2017年5月7日(日)まで開催される。

佐賀県武雄市にある御船山楽園は、170年もの歴史と15万坪もの広い敷地を持つ大庭園だ。佐賀県で初の国登録記念物に指定されている。園内には、「ソメイヨシノ」「大島桜」「八重桜」など2000本もの桜の木や、20万本ものツツジ、推定樹齢170年の大藤があり、初春から初夏にかけて花々のリレーが繰り広げられる。

「花まつり」のはじまりは桜から。2017年は4月1日(土)か9日(日)頃が開花の見ごろとなる。昼は庭園の広い敷地が薄紅に染め上げられ、夜には九州最大規模の桜ライトアップイベントが、4月14日(金)まで行われる。

また、庭園の池のほとりにある「萩野尾お茶屋」では、昼は「粉茶と串団子セット」、夜は「粉茶とぜんざいセット」が販売される。雰囲気のある茶屋で、池越しに眺める桜はまた格別。

桜が散ってしまうと、今度はツツジの開花がスタート。4月20日(木)ごろから見ごろを迎えるツツジは、すり鉢状の「つつじ谷」に、まるで色とりどりのつつじで織られた絨毯を敷き詰めたように咲き誇る。4月15日(土)からはツツジのライトアップが開始するので、夜の時間帯も美しい絶景を楽しむことができる。

さらに、4月下旬から咲き誇る「樹齢170年の大藤」も当園の人気スポットだ。1.5m以上にもなる花房が風に揺れ、たおやかに香る。白と紫の花弁が奏でるハーモニーは、見る人の心に和みを与えてくれる。

【開催概要】
「御船山楽園 花まつり」
期間:2017年3月17日(金)~5月7日(日)
時間:昼の入園時間 8:00〜18:30、夜の入園時間 18:30〜22:00
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
TEL: 0954-23-3131
アクセス:JR佐世保線「武雄温泉」駅からJRバス「嬉野温泉行き」で約12分、「御船山楽園」バス停下車すぐ
■ライトアップ
期間:
・3月17日(金)~4月14日(金) 桜のライトアップ
・4月15日(土)~5月7日(日) ツツジ・大藤・春もみじのライトアップ
時間:18:30〜22:00
■萩野尾お茶屋 ※期間限定公開
営業時間:9:30~17:30、18:30~21:00

<入園料>
・3月17日(金)~4月14日(金)
大人600円、小学生250円 (昼夜・各)
・4月15日(土)~5月7日(日)
大人700円、小学生300円 (昼夜・各)
※大人は中学生以上、子供は小学生まで。 
※開花は天候等により前後する場合がある。
※日程は開花状況により変更する場合がある。

【問い合わせ先】
御船山観光ホテル
TEL:0954-23-3131

元記事を読む