1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「料理が上手い」は二の次!? 男性が結婚に前向きになる3つの嫁力

「料理が上手い」は二の次!? 男性が結婚に前向きになる3つの嫁力

  • 2016.4.17
  • 188303 views

アラサーになると男性も結婚を意識するようになるもの。現実的に結婚を考えられる相手に的を絞って、出会いを求めようとするのです。この辺りは女性も同じですよね。

でも、女性の場合、「まず安定した仕事に就いていて、年収はいくらで……」といった経済力が重視される一方で、男性の場合は「これ!」といったポイントが見えづらいのが気になるところ……。

果たして男性が結婚を考える女性は、どういった特徴を指すのでしょうか? 今回はその答えを探るべく、男性が結婚を前向きに考える嫁力について考えてみました。

彼の考えていることを察知できる

嫁力とはその名の通り、お嫁さんとしての能力のこと。旦那さんを影ながらサポートして、温かく家族を見守ってあげられる……。そんなしっかりした一面が感じられれば、男性も安心してあなたとの結婚を前向きに考えられそうです。

そのために、まず意識したいのが気配りの良さです。例えば彼の様子を見かねて「●●も欲しい?」と、本音を探ってあげる。内心困っている彼の気持ちを察して、助け舟を出してあげる。そんな女性って、とても気配り上手な印象を受けますよね。

特に男性は小さい頃から「男の子なんだから」と言い聞かせられて育っていることもあり、何でも我慢してしまう傾向が強い人が少なくありません。そんな時にソッと配慮してくれる女性が傍にいれば、男性はホッと安心しそう。女性としても気になるきっかけになりそうです。

 

頼もしさや力強さが感じられる

結婚は恋愛と違って、ふたりの生活に関わってきます。ひとつ屋根の下で暮らすなら、ふたりの生活費。子供が産まれれば教育費と、彼と力を合わせて乗り越えなければいけない問題がたくさん出てくるでしょう。

すなわち、「一緒にいて居心地がいい」というのも大事ですが、いざという時にきちんと相手を支えてあげられる力強さも結婚には必要になってきそうです。

それこそ仕事を通じて自分を成長させる。趣味を作って積極的に自分の世界を広げるのもいいでしょう。

「彼がいなきゃダメ!」という女性では、男性も付き合っていて重たくなってしまいがちです。お互いに支え合える関係になるためにも、自立心を高めて精神的、肉体的にも頼り甲斐のある女性を目指したいですね。

 

十分な社交性がある

独り身の時は自分ひとりの生活のことを考えていればいいですが、結婚したらそうもいかなくなってきます。彼との関係はもちろん、子どもとの関係、彼の親御さんとの関係。

はたまたご近所付き合いと、職場との折り合い……。独身時代以上に周りの人たちと、上手にコミュニケーションを取らなければならない場面が増えてきそうです。

そんな状況下でも笑顔で、社交性を発揮できそうな女性なら、男性はあなたとの結婚を迷わず踏み出せそう。

コミュニケーションは積み重ねなので、プライベート時でも人との関わりを重視しながら、ぜひ自分の協調性を磨いてみて。

嫁力と聞くと、家事力、育児力というイメージが、パッと思い浮かぶ女性も多いかもしれません。でも、突き詰めて考えてみると、意外と大事なのは一緒にいて安心感があるというポイントかも……?

結婚できるか悩んでしまった時は、ちょっとこうしたポイントから自分の嫁力を磨いてみてはいかがでしょうか。

(柚木深つばさ/ライター)

元記事を読む