1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 疲れてるねなんて言わせない!? クマの解決法

疲れてるねなんて言わせない!? クマの解決法

  • 2016.4.17
  • 18145 views

目の下のクマは、あるだけで疲れて見えたり、老け顔の原因になったりする困りものです。今回は、顔の印象を大きく左右するクマの解決法をご紹介しましょう。

自分のクマの種類を知ろう

一口にクマと言っても、実は3つのタイプがあり、人によって異なります。まずは自分のクマのタイプを知ることが大切です。

茶クマ:目の周りの皮膚はとても薄く、刺激によって簡単に色素沈着を起こします。この色素沈着が理由でできるのが、茶クマ。紫外線のダメージや目のこすりすぎなどが原因です。

青クマ:血行不良で起こる青クマ。目の下に集まる毛細血管の血流が悪くうっ血し、薄い皮膚のために透けて見えてしまうのです。冷え性や寝不足、過労や目の使い過ぎなどが原因と考えられます。

黒クマ:涙袋のあたりに脂肪が多く、その下に影ができてしまう状態が黒クマ。黒い線のように見えます。生まれつきの問題か、加齢によるたるみなどが原因です。

見分け方としては、下まぶたを軽く引っ張って、状態が変わらなければ「茶クマ」、薄くなるようであれば「青クマ」の可能性が高いです。涙袋下の膨らみを押して黒い線が消えれば「黒クマ」と言えるでしょう。

茶クマはスキンケアで改善!

色素沈着が原因の茶クマには、美白ケアと保湿ケアが改善策になります。美白成分とされるアルブチンやビタミンC誘導体などが入った基礎化粧品を使って、ケアを続けましょう。くわえて、週1~2回ほどピーリングを行い、メラニン色素を排出することもおすすめです。

また、乾燥も茶クマの大敵。目元に潤いを与えることが改善につながります。ちなみに、摩擦が理由になっていることもあるため、強くこすったり、マッサージしたりすることはあまりおすすめしません。

 

青クマは温め&マッサージがカギ

血行不良を改善するには、温めるのが手っ取り早く効果的。毎朝メイク前にホットタオルを目元に乗せて温めるだけで、効果が感じられるでしょう。ホットタオルは水で濡らして固く絞り、電子レンジで1分ほどチンすれば出来上がります。

また、青クマにはマッサージも効果的な改善策です。ただし、目元ばかりでなく、デコルテも含め頭部全体の血行を良くするように意識してください。

黒クマにとっても保湿ケアやマッサージが大切です。しかしながら、黒クマを根本的に改善するには美容外科での治療が有効なことも事実。黒クマに悩む場合は、美容外科に相談するのもよいでしょう。

生活習慣改善はクマに効く!

クマをタイプ別にケアする大切さはおわかりいただけましたか? 間違ったケアはクマを改善するどころか悪化させることもあるので、気を付けてくださいね。また、睡眠リズムを整えたり、食生活を見直したりすることはどのクマにも効果的です。紹介した改善策で物足りなければ、根本から見直すことをおすすめします。

元記事を読む