1. トップ
  2. ファッション
  3. ローブス&コンフェクションズ 2016-17年秋冬コレクション - ルーズでエレガントなミリタリー

ローブス&コンフェクションズ 2016-17年秋冬コレクション - ルーズでエレガントなミリタリー

  • 2016.4.17
  • 1508 views

ローブス&コンフェクションズ(robes&confections)が2016年秋冬コレクションを発表した。今季は「ミリタリー」から着想を得て、それをルーズなフォルムで崩した独自のスタイルを提案。

今シーズンの象徴アイテムの一つとも言えるPコート。デザイナー・土屋郷が「1940年代のウェアをマニアックに再現した」と語るよう、本格的な丸みを帯びた襟のカッティングや、内ポケットがついた高い機能面が特徴だ。長めの袖や、大きなシルエットも今季らしいポイント。

他にも、前身頃が二重になった独特なデザインのカーディガンには、ミリタリーらしさを象徴する「猫目穴ボタン」を本水牛で加工し、ほんのりアーミーらしさを香らせた。また、柔らかい風合いのタートルニットには、ボタンを大胆に付けることで、ミリタリーを表現している。

そんなこだわりの”戦闘着”が揃うが、テーマカラーに「白」を選ぶことで、男臭く強いイメージの「ミリタリー」をどこかエレガントな世界観と昇華している点が見事だ。

スタイリングはゆるいシルエット同士を組み合わせて、とことんルーズに。手が隠れてしまうほどのオーバーサイズニットや、ゆるいシルエットのパンツ、分量のあるコートを融合させた。

元記事を読む