1. トップ
  2. ファッション
  3. トーマス ワイルド 2016年秋冬 - 映画『アリス・イン・ワンダーランド』のキャラクターをイメージ

トーマス ワイルド 2016年秋冬 - 映画『アリス・イン・ワンダーランド』のキャラクターをイメージ

  • 2016.4.17
  • 1259 views

トーマス ワイルド(THOMAS WYLDE)の2016-17年秋冬ウィメンズコレクションが、アメリカ・ニューヨークで発表された。

クリエイティブ・ディレクター、ジェニー・パークのセカンドシーズンとなる今季は、定番の黒と白のコンビに、レッドを加えて、ブランドのDNAであるロックンロールの精神を表現する。アイコニックなスタッズは、コートのアーム全体やスカートのサイドラインにあしらわれ、ボディコンシャスなミニドレスはハードなレザーで仕立てた。

強さが全体を覆うなか、時折顔出す繊細なフリルやシースルー素材。シャツにくくられた長すぎるタイも、優雅にたなびき、豊かな表情を届けてくれる。

今季のビッグニュースは、2016年7月日本公開となる映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のカプセルコレクションが登場したこと。メインキャラクター「白の女王」「赤の女王」「タイム」からインスピレーションを得た、3ルックがランウェイを飾った。

「白の女王」をイメージしたのは、ホワイトのノースリーブドレス。ミニ丈のフロントからフルレングスのバッグにかけて、美しいラインが流れ、主役級のオーラを放つ。「赤の女王」への思いは、目にも鮮やかなレッドのオーバーコートにのせて。シャープなカッティングとベルベットのような光沢感は、ブランドの美的感覚に添った都会的な印象を創り出す。

最後に、時間の番人「タイム」のロングケープから着想を得た、ブラックのスーツルックも紹介。力強いトップスに対してボトムスはタイトに設定し、裾にはラッフルをあしらった。強い心を持つ女性にふさわしい、モダンな仕上がりだ。

元記事を読む