1. トップ
  2. 恋愛
  3. 新スパイダーマンの敵は“バットマン”!?

新スパイダーマンの敵は“バットマン”!?

  • 2016.4.17
  • 14642 views

かつて、DCコミックスのダークヒーロー『バットマン』で主演を演じたマイケル・キートンが、今度は悪役として再びスーパーヒーローの世界に戻ってくるようだ。米Varietyが報じている。

undefined

【関連コラム】『GOTHAM / ゴッサム』特番で佐藤隆太&尾上松也のバットマン好きが熱く語る!

ある情報筋によると、マーベルと米ソニー・ピクチャーズが製作するスパイダーマンの新作映画『Spider-Man: Homecoming(原題)』に、悪役としてマイケルが出演するという。マーベルとソニーはこのキャスティングについてコメントを出していない。

マイケルは、ティム・バートンが監督した『バットマン』(1989年)と『バットマン リターンズ』(1992年)で主人公のバットマンを演じ注目を集めた。2014年には『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で、かつてスーパーヒーロー役で一世を風靡したものの今は落ち目という俳優を演じ、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされている。今度はヒーローと敵対する存在へと一転するのだろうか?

新たなスパイダーマンを演じるのは、注目の若手俳優トム・ホランド(『ウルフ・ホール』)。メイおばさん役でマリサ・トメイ(『Empire 成功の代償』)と、役は不明だがゼンデイヤ(『シェキラ!』)の出演が決定している。トム演じるスパイダーマンは、今月29日(金)公開の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初お披露目される。

メガホンを取るのはジョン・ワッツ(『COP CAR/コップ・カー』)。脚本はジョン・フランシス・デイリー(『BONES』ランス・スイーツ役)とジョナサン・ゴールドスタイン(『モンスター上司』)が執筆する。これまで数々のマーベル作品を手掛けてきたケヴィン・ファイギが製作を務める本作では、主人公ピーター・パーカーの高校時代を描くという。詳細については明らかにされていない。公開は2017年7月7日の予定で、撮影は今夏スタート。

マイケルが出演する最新作であり、本年度のアカデミー賞で作品賞を獲得した『スポットライト 世紀のスクープ』は本日15日(金)より全国ロードショー中。(海外ドラマNAVI)

Photo:マイケル・キートン
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む