1. トップ
  2. ファッション
  3. お花屋さん直伝!おしゃれに見えるお花の選びかたと生け方

お花屋さん直伝!おしゃれに見えるお花の選びかたと生け方

  • 2016.4.16
  • 8831 views

日に日にあたたかさが増し、本格的に春の陽気になりましたね。この時期のお花屋さんは一年の中でいちばん種類も色も豊富に揃っているのだそうですよ。お店に行くだけでもワクワクしちゃいますよね。

そんな素敵なお花を買ってお部屋に飾りたいけれど、実際はお花の生け方をよく分かっていないという人も多いのでは。

そこで今回は、お花屋さんに聞いたグッとおしゃれに見える花の選び方と生け方をご紹介します。

■深さのない口の広い花瓶には一輪が大きい花をチョイスして

大きめの間口の花瓶には一輪が大きい花を短くカットして生けるとバランスが良くなりおしゃれに見えます。

まずはメインになる花を3本用意します。3本全て同じ花でも構いません。1本色を変えても素敵ですね。

今回はピンクの大きいダリア2本とつぼみのシャクヤク1本にしました。

この3本を三角形のかたちになるように意識して生けます。空いたスペースにグリーンやメインを邪魔しない花を生けていきます。

器から少しオーバーさせてもいい感じになります。

■高さ・丸みのあるふっくらとしたシルエットのある花器には花をこんもり贅沢に

ミルクピッチャーのような花器には花をこんもり生けましょう。花の色は同系色でまとめると簡単にバランスが取れます。

今回は下向き(ひたむき)で色がとても鮮やかな可愛い印象のクリスマスローズをメインにたくさん使い、花器から溢れるように生けたら色を合わせたヒヤシンスをプラスし、

最後に高さと動きを出すためにユーカリのグリーンで仕上げました。

お話を伺った「東京フラワー」の岩崎友己さんが普段から意識していることは、お花は「見て楽しむ!香りでさらに楽しむ!」ことだそうです。

今回使用したダリアやヒヤシンスも香りが良く、生けている間にも癒されました。

誰かに贈ったり、部屋に飾ったり。すてきなお花のある生活で心も身体も癒されてみてはいかがですか。

(藤田 裕美)

元記事を読む