1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. オーガニックコスメはどう選ぶ?? 押さえておきたいポイント

オーガニックコスメはどう選ぶ?? 押さえておきたいポイント

  • 2016.4.16
  • 4212 views

多くの化粧品に使われている化学合成成分を避け、美肌のためにオーガニックコスメにしようと考えている方もいるでしょう。今回はオーガニックコスメを選ぶ際のポイントをご紹介します。

成分表示を入念にチェック!

美肌を目指して、少しでも肌に良いものを使おうと思うのが女心。オーガニックコスメを探そうと思っても、たくさんありすぎてどれが良いのか迷いますよね。

実は、巷にあふれる「オーガニック」と名の付く商品でも、必ずしも化学合成成分が入っていないわけではありません。

日本ではまだオーガニックの認定基準が確立されておらず、化学合成成分に天然成分や有機素材を少し混ぜただけのものでも「オーガニック」や「自然派」「無添加」などの表示が可能なのです。

そのため、成分に関する知識を持ち、自分でしっかりチェックする必要があります。

 

避けた方がよい成分はこれ!

まず、気を付けるべきはいわゆる合成界面活性剤。ステアリン酸、ラウリル、PEGなどと書いてあるものは避けてください。

合成界面活性剤は、皮膚のバリア成分を壊してしまうと考えられており、美肌から遠ざかる原因になります。多くの化粧品に使われているので、気をつけましょう。

また、肌への影響力が未知数である合成防腐剤も要注意です。使用によりホルモンバランスを崩す疑いも持たれているため、パラベン、フェノキシエタノール、安息香酸Naなどには気を付けてください。

さらに一見肌に良さそうな「ミネラルオイル」も、実は石油のことです。鉱物油やパラフィンも石油成分ですので、避けた方がよいでしょう。植物油を使っているものをおすすめします。

そのほか、合成色素や合成香料が入っていないかどうかも確認が必要です。

ブランドヒストリーにも着目!

海外ブランドの場合は、その国のオーガニック認証機関から認定を受けている場合があります。厳しい審査基準があるので、ある程度信頼できるでしょう。

ただし、あくまで選定ポイントの一つであり、鵜呑みにしてはいけません。日本国内ブランドの場合は、「肌にやさしい」などの宣伝文句だけで決めないようにすることです。ブランドヒストリーなどを見て、原材料へのこだわりがあるかどうかもチェックしましょう。

肌に合うものを選ぶことが大切

オーガニックコスメ選びのポイントは、ずばり成分のチェックにあります。全成分が表示されているので、見分けるのは簡単ではありません。まずは避けた方がよい成分を知ることが大切です。もちろん、オーガニックだからといって必ずしも肌に合うわけではないので、使用感もきちんと確認しましょう。

元記事を読む