1. トップ
  2. レシピ
  3. 春が旬!「ルッコラ」で紫外線に負けない強い美肌を作ろう

春が旬!「ルッコラ」で紫外線に負けない強い美肌を作ろう

  • 2016.4.16
  • 7575 views

サラダに使われる爽やかな辛味が特徴のお野菜「ルッコラ」。ゴマのような風味がとっても美味しいですよね。

実はルッコラは春〜初夏が一番の旬ってご存知でしたか? ルッコラには女性に嬉しい栄養素がたくさん詰まっているんです。今回はそんなルッコラの魅力に迫ります。

■ルッコラってどんなお野菜?

ルッコラは地中海沿岸が原産のハーブの一種で、菜の花などと同じアブラナ科の葉野菜です。

「ルッコラ」という名称はイタリア語で、英語名では「ロケット」「サラダロケット」、和名では「キバナスズシロ」と呼ばれます。

サラダ用として流通しているものは20cm前後のものが多いですが、育てると約1mにまで成長します。

クリーム色に細い紫の筋が入った可愛らしい花を咲かせます。あまり流通していませんが実はこの花も食べられるんですよ。

■ルッコラの栄養とは?

ルッコラにはカラダの各機能をサポートするビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

【ビタミンA、C、Eが豊富】

これらは抗酸化作用が高いビタミンの代表選手! 細胞の老化を防いでくれるので、アンチエイジングや生活習慣病予防に効果が期待されています。

春先、特に4月以降は紫外線が強まります。紫外線ダメージに負けない強くて美しいお肌を作るためにもビタミンA、C、Eは欠かせません。

これらのビタミンは一緒に摂ることで相乗効果が高まります。全て揃ったルッコラは、まさに春の美肌の救世主と言えます。

【ビタミンKが豊富】

ビタミンKは血液の凝固やカルシウムの吸収をサポートします。

腸内細菌によって体内でも作られるビタミンですが、不足すると出血しやすく止血しにくくなったり骨がもろくなるリスクがあります。もしもの時の怪我や手術、将来の骨粗鬆症予防のためにもきちんと摂りたいビタミンです。

【その他の栄養】

ルッコラには他にも、カルシウム・リン・マンガンなど骨の健康をサポートする栄養素や、鉄など貧血予防に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。むくみや高血圧予防に効果が期待されているカリウムも含んでおり、美容と健康のためにオススメの春野菜です。

【ほろ苦さの秘密】

ルッコラ独特のほろ苦さの正体は「アリルイソチオシアネート」という刺激成分。

これはわさび・からし・大根などにも含まれている成分で、抗菌作用や抗がん作用が期待されています。

また程よい辛味は料理のアクセントになるだけではなく、胃もたれの解消や食欲増進効果も!

■オススメの食べ方とは?

高い抗酸化作用を活かすためには、サラダなど生食がオススメ。

ビタミンCは熱に弱く水に流出しやすいので、生食が一番無駄なく摂取することが出来ます。

ビタミンAとビタミンEは油脂類と合わせることでカラダへの吸収率がUPするビタミンのため、ステーキなど肉料理の付け合わせに添えたり、亜麻仁オイルなど良質なオイルをドレッシング代わりに少しかけて頂くと良いでしょう。

美容と健康に嬉しい栄養がギュッと詰まった「ルッコラ」。爽やかな辛味を楽しみながら、美味しい旬の時期にたっぷり頂きましょう!

(國塩 亜矢子)

元記事を読む