1. トップ
  2. ファッション
  3. Netflix『ブラック・ミラー』に『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のあの人が出演

Netflix『ブラック・ミラー』に『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のあの人が出演

  • 2016.4.15
  • 910 views

Netflixで配信されている英国発の近未来アンソロジードラマ『ブラック・ミラー』。その新シーズンの一エピソードにおいて、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』で非行少女トリシアを演じたマデリーン・ブルーワーが、主要な役に抜擢された。米Deadlineが報じた。

undefined

【関連記事】全米で話題騒然のNetflix犯罪ドラマ『Narcos/ナルコス』 TCAプレスツアーレポート

『ブラック・ミラー』は、インターネットやスマートフォン、リアリティショーなど、テクノロジーやメディアの潮流が私たちの生活に及ぼす影響をテーマに据えて、近未来のストーリーを描く一話完結型のドラマ。アメリカではNetflixで2014年12月に配信がスタートし、瞬く間に口コミで人気が拡大した。その人気を見たNetflixは、番組クリエイターのチャーリー・ブルッカーと契約を交わし、新たに12話を制作する。

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のほか、『ヘムロック・グローヴ』『GRIMM/グリム』などにも出演しているマデリーンが、今回出演するエピソードのストーリーは明らかになっていない。彼女の相手役を務めるマラカイ・カービーは、ヒストリーチャンネルで今夏放送される新『ROOTS/ルーツ』において、クンタ・キンテを演じることでも有名だ。また、同エピソードを監督するのは、ジリアン・アンダーソン主演作『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』のジェイコブ・ヴァーブリューゲン。

『ブラック・ミラー』新シーズンでは、このほか、ジョー・ライト監督(『つぐない』)のもとで、ブライス・ダラス・ハワード(『ジュラシック・ワールド』)や、アリス・イヴ(『スター・トレック イントゥ・ダークネス』)が出演するエピソードもすでに決定。スタッフ・出演者ともに、豪華な顔ぶれが集まっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:マデリーン・ブルーワー
(C)Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

元記事を読む