1. トップ
  2. レシピ
  3. 身体に良いオイルで体内から美しく。積極的に摂りたいのは「オメガ3」は加熱NG!

身体に良いオイルで体内から美しく。積極的に摂りたいのは「オメガ3」は加熱NG!

  • 2016.4.15
  • 2133 views

スキンケアでオイルを採り入れるのもいいけれど、必要な油は上手に食べる方がより効果が出やすいと言えます。「油だから太る」とすべてを排除するのではなく、正しい摂取方法を知って身体の奥深くから輝くような美しさを手に入れましょう。身体に良いオイルで体内から美しくなろう!

undefined

引用元

オイル美容とは、身体が必要としている油を適切に摂取することで、身体の巡りが改善すること。美容に良いとされる油は、血液をサラサラにしたり、コレステロール値を下げたり、シワやたるみを防いだりします。身体のすみずみの細胞まで栄養が行き届き、老廃物を排出しやすい身体が作れるのです。結果として肌は瑞々しく潤い、新陳代謝の良い若々しい身体を保つことができます。身体を作る飽和脂肪酸と3つの不飽和脂肪酸

undefined

引用元

スキンケアにも使われているココナッツオイルなどが飽和脂肪酸です。他にはバターなどに含まれています。中性脂肪の原因となるのでダイエット中には注意したい油ですね。不飽和脂肪酸は「オメガ3」、「オメガ6」、「オメガ9」の三種類。「オメガ6」は通常の生活で摂取しやすいので、逆に摂り過ぎに注意しましょう。「オメガ9」はオリーブオイルやごま油などでよく使われていて料理に便利ですが、高温すぎると酸化の危険性があります。酸化しやすい「オメガ3」は加熱調理しないこと!

undefined

引用元

積極的に摂りたいのは「オメガ3」。しかし、エゴマ油や亜麻仁油といった「オメガ3」は、加熱すると酸化してしまいます。酸化するということは身体に良くない油になるということ。ドレッシングなど加熱しなくて良い方法で摂るのがオススメ。そして開封したらなるべく早く使い切ることが大切です。避けられがちな油も、実は美肌を保つのに重要な役割を果たしています。あまりに油を摂らずにいると、血糖値が上がりやすく脂肪を溜め込むもとにもなりかねません。大切なのは摂取する量と方法を知ること。美容とは切っても切れない関係の油と上手に付き合っていきましょう。

元記事を読む