1. トップ
  2. レシピ
  3. お弁当女子におススメ!常備菜にもなるお弁当のおかず3選

お弁当女子におススメ!常備菜にもなるお弁当のおかず3選

  • 2016.4.15
  • 57395 views

新年度になり、お弁当作りを頑張っている人も多いのではないでしょうか。食事はキレイの基本です。美容と健康の為にも、毎食バランスのよいメニューをとりいれたいものです。

そこで今回は、肌トラブルを改善し、美肌を作る働きのある優秀食材をとりいれた使えるおかずを3つご紹介します。簡単につくることができ、常備菜にもなるので覚えておくと便利ですよ。

■スライサーを使って簡単調理!ニンジンのサラダ

緑黄色野菜の王様とも呼ばれる「ニンジン」。特筆すべき栄養価は何といってもカロテンでしょう。

英名の「carrot」がその語源となるほど豊富に含まれています。カロテンには皮膚や粘膜を健康に保ち、乾燥などのトラブルから肌を守ってくれる働きがあります。

<材料>2人分 冷蔵保存:3日ほど

ニンジン 100g

ドライレーズン 30g

A

オリーブオイル 大さじ2分の1

酢 大さじ1

砂糖 小さじ1

塩・コショウ 適宜

<作り方>

【1】ニンジンはスライサーを使ってリボン状にしたら分量外の砂糖と塩(ともに一つまみ)を入れしばらく置く。水分がでてくるのでしっかりと水気を切っておく

【2】しっかりと混ぜ合わせたAを1と混ぜ、レーズンを入れたら完成。

ニンジンを回しながらスライサーを使うと太さが均一なリボン状にできますよ。味がついたらお弁当に入れる際は水分をしっかりと切っていれるようにしましょう。

ドライレーズンを入れているので、にんじんの余分な水分を吸ってくれる効果も期待できます。

■鉄分補給で栄養価も抜群!ひじきのハンバーグ

女性に必須のミネラル分であるカルシウムと鉄分を補給できるハンバーグをご紹介します。ひじきにはエネルギーの代謝を活発にする働きもあり、肌を健康に保つ働きも期待されています。

多めに作っておいて冷凍しておくと便利です。

<材料>つくりやすい分量(小さなハンバーグ 約8個分) 冷蔵保存:3日ほど

合い挽き肉 200g

タマネギ 4分の1個

ひじき 5g(乾燥している状態)

卵 2分の1個

塩 小さじ3分の1

コショウ 少々

<作り方>

【1】ボウルに挽き肉、みじん切りにしたタマネギ、水で戻したひじき、溶き卵、塩、コショウを入れよく混ぜ合わせる。

【2】全体がまとまったら8等分にして成型する。

【3】油(分量外)をひいたフライパンに入れ、最初に強火で焼き色をつけたら弱火にして蓋をして5分、ひっくり返して片面を同じ手順で焼いたら完成。

■ブロッコリーの粉チーズ和え

お弁当の定番野菜の1つであるブロッコリーには美肌に欠かすことのできないビタミンCの含有量が多いことでも知られています。

調理に電子レンジを用いることで栄養価の損失を最小限にすることができますし、何よりも鍋を出したりする手間がかからないのでおススメです。

<材料>つくりやすい分量(お弁当用) 冷蔵保存:3日ほど

ブロッコリー 3個(小房にわけた状態)

塩 少々

オリーブオイル ごく少量

粉チーズ 適宜

<作り方>

1ブロッコリーは小房にわけ水洗いをしておく。

2耐熱容器に入れ、塩少々、オリーブオイルをひとたらししたら600wの電子レンジで50秒加熱し、熱いうちに粉チーズとあえたら完成。

どれも簡単につくることができ栄養価の高いものばかりですので、ぜひお試しくださいね。

(生井 理恵)

元記事を読む