1. トップ
  2. 恋愛
  3. スカーレット・ヨハンソン、元夫ライアン・レイノルズとの離婚原因を明かす

スカーレット・ヨハンソン、元夫ライアン・レイノルズとの離婚原因を明かす

  • 2016.4.15
  • 914 views

『アベンジャーズ』や『キャプテン・アメリカ』でブラック・ウィドウを演じ、華麗にアクションもこなすスカーレット・ヨハンソン。私生活では、フランス人ジャーナリストのロメイン・ドーリアックさんと結婚し、1児のママとなった彼女が、最初の夫である俳優のライアン・レイノルズ(『デッドプール』)との結婚がうまくいかなくなった理由を明かしている。

undefined

【関連記事】スカーレット・ヨハンソンがフルヌードで挑む映画『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』【編集部トピックス】

スカーレットとライアンは熱愛の末、2008年に結婚したものの2011年には離婚し、結婚生活は3年にも満たなかった。米E!Onlineによると、米ファッション誌Cosmopolitanの5月号の表紙を飾りインタビューに応えたスカーレットが、ライアンの名前を伏せつつも過去の関係について語ったという。「俳優と恋愛をするのって苦労を伴うの。二人の仕事が同じペースで進んでいると、どうやって時間を作るか、お互いの理解が必要になる。そして、片方がより成功してしまうと、もっとややこしいことになるの。お互いが競争相手になってしまうのよ」と言うスカーレット。双方があまりにも成功したばかりに、夫婦ではなくライバル意識を燃やす競争相手になってしまったことが離婚の一因だったようだ。

俳優であるライアンとの結婚生活がうまくいかなかったことで、あえてスカーレットは、ショービジネスとは関係ないロメインさんを新たなパートナーに選んだのかもしれない。対するライアンは、2012年9月に女優ブレイク・ライヴリー(『ゴシップガール』)と再婚し、2014年12月には第一子となる女の子が誕生。スカーレット同様、ライアンも新たな相手と幸せな結婚生活を送っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:スカーレット・ヨハンソン
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む