1. トップ
  2. メイク
  3. 目元もリップも「指」でのせてぼかすだけ!時短&こなれるメイクのコツ3

目元もリップも「指」でのせてぼかすだけ!時短&こなれるメイクのコツ3

  • 2016.4.15
  • 9054 views

大人の女たるもの、「メイクはきちんとツールを使ってメイクすべし」と思っていませんか? 私は思っています。いえ、正しくは“思っていました”。

でも、Oggi編集部スタッフのみなさんが実践しているのは、なんと「フィンガーメイク」! そう、目元もリップもチークまで、なんと「指」でやってるんです!

朝のメイクはもちろんのこと、日中の化粧直しも、指でパパッと手早くメイク。

 

「時短だけど、雑な仕上がりにならない?」と思っている方、そんなことありません。絶妙にして印象深く、こなれた仕上がりになるらしい……!

時短&こなれる素敵なメイクテクだなんて、働く女性にとっては目からウロコ。拍子抜けしちゃうほど簡単なそのテクを、パーツごとにこっそり教えちゃいます♡

【アイ】ブラウンにシャイニーピンクを重ね奥行きを

(1)目のキワにのせる濃い色(ブラウン)を小指にとり、一度手の甲でならして色づきを調整。

(2)黒目のあたりから目尻に向かって目のキワに広げます。トントントンと軽いタッチで。

(3)中指にシャイニーなピンクをとり、手の甲でならしてからアイホールの内側にオン。軽くタッピングするようにのばし、先にのせたブラウンを一緒になじませるように。

(4)さらに(3)のピンクを手の甲でならし、下まぶたキワ(目頭~目尻)にのせて完成。

 

【チーク】鮮やかなピンクの練りチークで色づけ!

(1)中指にチークをとり、手の甲で軽くならします。チークのムラづきを防ぎ、自然に仕上げるためには、このひと手間が重要”です。その指についたチークを、ニコッと笑って高くなる部分にトントンとスタンプを押す感じでずらしながらのせます。

(2)さらに中指&薬指の2本の指を使って、のせたチークのアウトラインをぼかします。頬骨に沿って、横長の楕円形に広げるイメージで。

【リップ】赤リップをラフづけ&シアーグロスを重ねて

(1)薬指に赤リップをとり、唇全体にトントンと広げていきます。輪郭から少しはみ出るぐらいまで広げることで、“隙”が生まれます。

(2)グロスを唇に重ねづけします。小指にとり手の甲で量を調節し、唇の中央にトントンを軽いタッチで重ねましょう。

 

指でのせたぼかした「フィンガーメイク」で仕上げれば、ラフでおこなれたおしゃれ顔に♡

指づけなら赤リップもほんのり色づく仕上がりになるので、オフィスメイクにも取り入れやすいですよね。「メイクで色をもっと楽しみたい!」という人は、この指づけテクがおすすめです!(さとうのりこ)

*モデル:南りほ(Instagram:@__rhcih)

『Oggi』2016年5月号(小学館)

 

元記事を読む