1. トップ
  2. 恋愛
  3. 社内で三角関係になっちゃった!彼を振り向かせるには?

社内で三角関係になっちゃった!彼を振り向かせるには?

  • 2016.4.14
  • 3512 views

友だちと同じ人を好きになってしまった、元カレが親友とつき合うことになったなど、三角関係の経験がある人も多いのでは?

とくに学校や社内、仲良しグループなど、全員が近い関係の場合、それぞれがつらい思いをしてしまうこともあるかと思います。

今回はそんな「社内でつき合っている彼と長いケンカ中に、彼が私の同僚を好きになってしまった」というお悩みについて、恋愛ユニバーシティに寄せられた相談をご紹介します。

【相談】長いケンカ中に彼が私の同僚のことを好きになってしまいました・・・

私には2年つき合っていた彼がいました。別れの原因は彼が私の同僚に恋をしたことです。ちょうど長いケンカ中に、彼と同僚は同じ職場で帰りが一緒になったり、私とのことを相談するようになり、惹かれたようです。

同僚の方は私の気持ちを知っているし、彼への興味はなく、彼からの告白に対してもその気はないということを伝え、今も毅然とした態度で職場でのつき合いをしているとのこと。

彼は私の前では、好き!つき合って!やっぱり離したくないなど甘いことを言いますが、同僚には、私に対する気持ちは冷めていると言っているようで、彼が何を考えているのか分かりません・・・(30代前半・女性)

恋愛の悩みに感度の高い恋ユニユーザーから多くの支持を集めていた回答をまとめると次のようなものでした。

彼のホンネはどこにある?

「このようなタイプは、言葉を信用する必要はありません。彼の行動を見ましょう」という恋ユニユーザー。

「彼の心境はいたって単純。同僚のことは性的に好きだけれど、相談者さんの方が居心地がよく、つき合っていてメリットがある、俺に惚れている女を手放したくない。そういう考えなのだと思います」という意見も。

一方で同僚は、彼に興味がないと言いながら、相談者さんと別れた方がいいなどと言っていて、相談者さんは同僚のことを怪しむようになったそう。

恋ユニユーザーからは「2人ともから完全に距離を置くことをおすすめします」という意見が多数寄せられました。

三角関係の場合、彼以外の人のことにも気をとられてしまいがちですが、振り回されないためには、彼の言動をよく見ることが大切のようです。

感情的になったら負け!?

同僚は彼を呼び出して、相談者さんに対する気持ちがないなら思わせぶりなことはするなと彼に注意しています。

これに対して恋ユニユーザーは「相談者さんと彼のことに同僚の女性を介入させ過ぎです」という指摘がありました。

「同僚と彼、どちらが嘘を言っていて、どちらが本当のことを言っているのか、確かめる術はありません。相談者さんは完全に2人に振り回されている気がします」という意見も。

あれこれ想像して気になると思いますが、恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士も「感情的になっているときは、それに対してどんなにいいアイデアが浮かんでもそれをしてはいけない」と言っています。

気持ちが高ぶったときはなかなか落ち着かないと思いますが、音楽や映画、読書や友だちとのおしゃべりなど、ほかに夢中になれることや気分転換をすることが必要かもしれません。

道しるべはひとつに絞る

相談者さんは、恋愛ユニバーシティで恋愛について学ぶ一方で占い師さんにも相談しているそう。

「博士はつねづね、道しるべはひとつに絞るべきだとおっしゃっています」という恋ユニユーザー。人というのは信じたいことを信じるので、その時々で判断がブレてしまうこともあるそう。

「2つの地図を同時に使って、自分の気分でいい方だけを選んで目的地に進もうとしてもゴールにはたどり着けません。ひとつに決めて、それを強く信じた方がいいでしょう」という意見も。

ひとつの助言がどうしても信じられないとき、ほかの方法に頼ってしまいたくなりますよね。しかしそれは「望む結果へ向かうため」ではなく「自分がやりたいこと、信じたいこと」である可能性が高いのかもしれません。

「実際、彼のことを考える時間より、自分の内面を考える時間が多いんです」という相談者さん。

三角関係に巻き込まれないためには

・感情的なときは何もしない

・彼の本心を知るには、彼の行動をみる

ということに気をつけた方がいいのかもしれません。

参照:みんなの恋愛相談<復縁>「三角関係。冷めた彼を振り向かせたい」

(emi/恋愛ユニバーシティ)

◇プロフィール

emi / 恋愛ユニバーシティ

WEBライター

WEBライター。恋愛、ダイエット、女性の生き方まとめ、などコンテンツ記事からセールスライティングまで多数執筆。恋愛暦ウン十年?の経験を活かすべく、女性が楽しく恋愛できて心身ともにハッピーになれるような記事を目指して日々奮闘中。

元記事を読む