1. トップ
  2. グルメ
  3. 今週末は、仙台「東照宮春まつり」が開催。おさんぽ途中に立ち寄りたい話題のカフェ&スイーツ店

今週末は、仙台「東照宮春まつり」が開催。おさんぽ途中に立ち寄りたい話題のカフェ&スイーツ店

  • 2016.4.14
  • 2208 views

満開を迎えた仙台・東照宮の桜。荘厳な本殿の前には、見事なシダレザクラが咲きほこっています。今週末、16日(土)、17日(日)には、「東照宮春まつり」が開催。重厚な古刹をめぐり、華やかな祭りの雰囲気を楽しみましょう。あわせて行きたいカフェとスイーツのお店も要チェックですよ。

カラフルでポップなカップケーキをテイクアウト

JR東照宮駅から徒歩10分。昔ながらのお店が並ぶ宮町商店街にカップケーキのテイクアウト専門店「generarls(ジェネラルズ)」はあります。

店内は、レトロなブリキの看板がディスプレイされ、どこか懐かしいアメリカンテイストな内装。古くから続く商店街の雰囲気になじむ、ヴィンテージ感が漂います。

お店の自慢は、なんといってもポップでキュートなカップケーキ。鮮やかなピンクやグリーンのクリームと、オレオやマシュマロなどの遊び心のあるトッピングに目を奪われます。

女性でも2~3個食べられる小さめサイズもうれしいポイント。かわいい見た目にあれもこれもと選んでしまっても安心です。

基本のスポンジは、バニラ、チョコレート、ココア味のレッドベルベットの3種類です。たっぷり絞られたオリジナルのクリームは、生クリームをベースにしたもの。本場NYの濃厚なクリームのなめらかさを再現しています。

常時10種類ほどのカップケーキが揃い、なかには季節限定のフレーバーも。桜の季節には、桜の塩漬けがのった「ピンクメルバ(230円)」が並びます。

「ピンクメルバ」はイチゴをミックスした桜色のクリームでデコレーション。ぱくっとひと口いただくと、まったりとしたクリームの甘さと、イチゴのさわやかな香り、スポンジの中のピーチとラズベリーのジャムの甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。

カップケーキは、午後には売り切れてしまうこともしばしば。お昼ごろを目安に立ち寄るのがおすすめです。

〇generals(ジェネラルズ)

[所]仙台市青葉区小田原6-1-33

[TEL]022-706-6339

[時間]9:30~17:30

[休]日曜、祝日

路地裏カフェの焼き菓子でゆったりティータイム

「東照宮春まつり」のにぎわいを楽しんだらのんびり静かなカフェでティータイムを過ごしませんか。

JR東照宮駅からバスで10分。「宮町一丁目」で下車し、5分ほど歩いた花京院の住宅地に「Sweet Spice Asano(スイートスパイスアサノ)」はあります。

テーブル席が4つというこぢんまりとした店内は、アンティーク調のインテリアでそろえられた落ち着きのある空間。街の喧騒を忘れさせてくれる穏やかな時が流れています。

人気の焼き菓子は、ビスケットやクッキー、マフィンなど常時15種類ほどが揃います。体への負担をかけないようにという心づかいから国産のきび砂糖を使用し、甘さ控えめのやさしい味わいです。

テイクアウトもできるので、手みやげとしてもぴったりですよ。

通年並ぶ焼き菓子のほかにも、季節ごとに登場するメニューもこの店の楽しみ。初夏にはコーヒーパフェ、冬にはぜんざいなど季節にあわせたメニューが並びます。自家製のシロップがかかった夏季限定のかき氷は、毎年楽しみにしているファンも多いそう。

仙台の春を彩る「東照宮春まつり」

仙台藩伊達家が徳川家康公を祀った仙台東照宮。

毎年、4月の第3土・日曜に執り行われる祭礼「東照宮春まつり」では、仙台市登録無形民俗文化に指定されている伝統神楽が奉納され、大震災が発生してからは毎年、ふるさとの早期復興が祈願されています。

50店舗もの露店が参道に立ち並び、重厚で落ち着きのあるたたずまいの境内もこの日は、華やいだ雰囲気に包まれます。

今年は、4月16日(土)・17日(日)に開催。散り際の葉桜に初夏の訪れを感じながら、お祭りを楽しみましょう。

〇東照宮春まつり

[所]仙台市青葉区東照宮1-6-1

[TEL]022-234-3247(東照宮)

[日時]4月16・17日 市街地からちょっと足を伸ばして「東照宮春まつり」へ。素敵なスイーツのお店をめぐりながらおでかけを楽しんでくださいね。

元記事を読む