1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 夏に向けて今から準備すべきフットネイルケア!角質を自分でキレイに取る方法

夏に向けて今から準備すべきフットネイルケア!角質を自分でキレイに取る方法

  • 2016.4.14
  • 7301 views

夏になるとサンダルシーズンがやってきます。もちろんフットネイルにも気合が入る季節。また爪だけではなく、かかとなどの角質ケアも必要になってきますよね。そこで自分でできる角質ケア方法をご紹介します。夏だけきれいになろうなんて無理。今からの準備が必要ですよ。

ケミカルピーリング剤でつるつる足に

【イットネイル】フェイシャルのピーリングは有名ですが、フットケアでも角質取りにピーリング剤が使われていることご存じですか?ベビーフットなどがその典型的商品。

フルーツ酸などを使用し、古くなった角質を剥がすというもの。フルーツ酸が層と層の間の接着している部分に働きかけ、べろ~んと余計な皮がむけるようになっているのです。

しかも肌のターンオーバーにしたがって古い角質だけが剥がれ落ちるため、やりすぎがないのがオススメの点。

ですが難点も。ピーリング剤は専用液を足に数時間浸し、その1週間後あたりからぽろぽろと足の摩擦によって角質が剥がれ落ちるシステム。そのため、いっきに角質が取れるわけではないのです。毎日毎日少しづつ剥がれ落ちるため、ぼろぼろの足の状態が数日続いてしまうわけ。

当然サンダルシーズンになってからは不可能、また家の中でもぼろぼろ皮がむけ落ちたり、お座敷などにあがった時に、ストッキング越しに皮がむけているのが見えてしまいます。

タイツシーズンならまだしも人には見せられない期間があるので要注意。

角質軟化剤でこすれば取れる状態にする

お風呂に入ると足の角質はふやけて柔らかくなりますよね。それをもっと強力にふやかすことで簡単に角質除去を可能にしたのが角質軟化剤。バラエティショップやドラッグストアなどで購入可能。またネイルサロンでも角質ケアに使っているお店も多数あります。

コットンなどに浸した軟化剤をかかとなど気になるところに貼ります。10~15分後はがすと白くふやけているはず。その部分をフットケア専用のヤスリや軽石などでこすると簡単に削れてしまう優れもの。消しゴムのかすのような削れかたです。

ヤスリは目の粗いものから細かいものまで用意して。最後に細かいほうで磨けばつるつるなはず。セルフケアの定番といえるべきアイテムです。

専用カッターで根こそぎ削って清潔に

専用カッターってご存じですか?コーンカッターという名前でこちらもドラッグストアやバラエティショップなどで買うことができます。

角質専用のカッターナイフで頑固な角質や魚の目などには断然オススメ。角質を徹底的に取りたいのならぜひ使ってほしいアイテム。こちらもネイルサロンで使われているものです。

お風呂やフットバスなどで軽くふやかし、コーンカッターで削るだけ。あとは軽石やフット専用のヤスリで滑らかに整えて。削り過ぎないようにストッパーのようなものがついていますが削りすぎには要注意。フットの角質の取りすぎは逆に角質を増やす原因です。

しかもカッターナイフ、刃物なので手を滑らせたりしないように気をつけて。削りすぎのリスクはありますが角質が一番取れるのはコーンカッターです。

角質は水虫の原因でもあります。きれいな足で夏を迎えてくださいね。

Itnail編集部

元記事を読む