1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 今さら聞けない?!日焼け止め剤の効果的な使い方

今さら聞けない?!日焼け止め剤の効果的な使い方

  • 2016.4.14
  • 3214 views

PA+の意味

日焼け止め剤は、おおまかに2種類に分類されます。紫外線拡散剤と紫外線吸収剤です。お肌に負担がかからないのは、紫外線拡散剤の方です。レジャーなどで、長時間外に出掛ける場合は、紫外線カット率の高い紫外線吸収剤でも良いと思います。

最近では、紫外線吸収剤をシリコンやカプセルなどでコーティングし、肌への刺激を抑える技術なども開発もされています。

紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)があります。
A波は衣服を通り抜けて肌の奥深くまで届き、コラーゲンを破壊します。
このA波を防ぐ指標がPAで、+の数が多いほど効果が高いことになります。

一方B波は肌表面への影響力が大きく、肌が黒くなる直接の原因とされています。
SPFの値が大きい程、お肌への影響を受け始める時間を引き伸ばせます。例えばSPFが15の場合“日焼け止め剤をつけた時間から20分×15=300分”ということになり、日焼けを5時間食い止められるということになります。

日焼け止め剤のお肌への負担

パッケージに記されたSPFやPAは、数字が大きいものや+マークの多いものを選んだ方が良い気がしますが、値の高いものはその分だけお肌に負担をかけます。
日焼け止め剤は数種類用意して、シーンに合わせて使い分けることをお勧めします。

肌質別、日焼け止めの剤選び方

普通肌・敏感肌の人は、「日焼け止めクリーム」がベストです。クリームタイプの日焼け止めは、保湿効果に優れており、肌によく馴染みます。

脂肌の人は、「日焼け止めミルク」です。脂肌の人の場合、マットな感触のミルクローションを使用すると、他タイプの日焼け止めに比べ、肌がサラッと仕上がるのがよく分かると思います。

顔の細かい部位や、鼻、目の周囲といった部分を、より丁寧に塗りたい場合には、スティックタイプの日焼け止め剤が使いやすいです。
重ねづけをお勧めします。
なお、日焼け止め剤の消費期限は、どんなに長く使っても1年以内です。これからの季節、日焼け止め剤を上手に使って紫外線をカットし、お肌を守りましょう。

元記事を読む