1. トップ
  2. ファッション
  3. ドレスキャンプ 2016年秋冬コレクション - 鮮やかな色彩の中で生きるアニマルズ

ドレスキャンプ 2016年秋冬コレクション - 鮮やかな色彩の中で生きるアニマルズ

  • 2016.4.13
  • 685 views

ドレスキャンプ(DRESSCAMP)の2016年秋冬コレクションが発表された。今季のテーマは「Animals(アニマルズ)」。ブランドらしいヴィヴィッドな色彩の中に、動物たちが現れた。

ダイレクトに動物を表現するのは、ヒョウ柄やクロコダイルの型押し、そしてボリューミーなファーなど。ヒョウ柄はアウターからトップス、ボトムスまで、様々なアイテムに落としこまれている。ワンピースに関しては、フリルスリーブとチェリーの形に切り抜かれた裾によってガーリーさを加え、バランスをとる。一方クロコダイル柄は、鮮やかなメタリックカラーを使用し、とことんワイルドに。

国内生産にこだわるダウンシュラフ・メーカー「ナンガ(NANGA)」とのコラボレーションによるダウンジャケットシリーズも、インパクトのあるレオパード柄で仕上げた。なお今シーズンはこれに限らず、メイド・イン・ジャパンに注目し、ほとんどのアイテムの素材に国内のものを採用している。

そんなジャングルライクな世界観の中に、ロックテイストを感じさせるのは、存在感のあるスターモチーフ。星条旗を彷彿させるデザインや、大胆なサイズ感であらゆるウェアに散りばめられている。デザイナー・岩谷俊和は「今後ドレスキャンプの定番モチーフにしたい」と語った。さらに、メンズウェアにはミュージシャン デヴィッド・ボウイの曲「ヒーローズ(Heroes)」の歌詞がコートの裾や、ブルゾンの背中など随所に綴られた。

アクセサリーにも目を向けたい。ボリューム感が目を惹くメンズの牛皮スリッポンシューズは、左右に異なる色のネオンベルトが取りつけられ、野生的な着こなしと相性抜群だ。

元記事を読む