1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 小室ファミリーの熾烈な舞台裏も明らかに! 『Empire 成功の代償』イベント

小室ファミリーの熾烈な舞台裏も明らかに! 『Empire 成功の代償』イベント

  • 2016.4.13
  • 1597 views

視聴者数は『24 -TWENTY FOUR-』を超える1765万人、放送時のツイートは330万、YouTubeの動画再生は1000万回以上など、数々の驚くべき数字を打ち出してきたドラマ『Empire/エンパイア 成功の代償』。4月12日、レンタルリリース開始に先駆けて行われたイベントにて、音楽業界の裏側を舞台に華麗なる一族の相続をめぐる熾烈な争いをスキャンダラスに描く本作にちなみ、日本の音楽界を代表する"小室ファミリー"の小室哲哉、TRFのDJ KOOが、作品の魅力やファミリーの裏側を語った。

undefined

【関連記事】『Empire 成功の代償』nobodyknows+のクリスタルボーイさんに直撃インタビュー!

「(放送開始の)CMを見た時に、キター! と思った」というほど本作を楽しみにしていたという小室は、実際に見ての感想を聞かれると、「まさに音楽業界の裏側。そこでいろんな人間模様が描かれながらもブレない芯がある。あと、どんな揉め事があっても最後には音楽で解決するところは、音楽業界に身を置く者としては嬉しい。Power of Musicが伝わってきた」とコメント。DJ KOOは、「(大物プロデューサーで本作の音楽を担当している)ティンバランドといった名前だけで楽しみになるこの作品は、最初からいろんなことが起きて、まさにジェットコースタードラマ。僕よりも展開早いと思います(笑)」と答えた。

本作の特徴の一つは、出演者たちが自ら歌や演奏をこなしていること。小室は、「歌手も演奏者も実際に歌ったり演奏していてリアル。少しでも手を抜くとバレちゃうけど、それもなかった」とそのクオリティの高さに太鼓判を押した。

また、"小室ファミリー"結成の裏にあった秘話も明らかに。小室が「KOOちゃんがいるのでTRFの話をすると、結成前に3、4回食事に誘ってもてなした。最初はセッションダンサーとして単発でお願いする形だったけど、ダンスを披露できるようにギターソロのパートを用意したりして彼らの信頼を得て、正式なメンバーになってもらった」と語り、「僕、食事に誘われてないです!」とDJ KOOも一部初耳のエピソードが披露された。

続けて、DJ KOOが『Empire』宣伝コメントを披露するという「オーディション」(小室)も特別に開催されることに。「OK! 見たら止まらない! 小室さんも大好きな『Empire』! 日本上陸!」と、彼が本作の登場人物のように迫力あるパフォーマンスを行うと、小室は「95点くらいかな。よく審査員になった時は、大体その点を最低ラインにしてるけどね」と判定し、会場からは笑いと拍手が起きた。

さらに新年度の抱負として、「プロデューサーとして新しい形のヒット曲を生み出す」と答えた小室。「この『Empire』で描かれているように、今は売れるものを作るのが非常に難しくなっている。ヒット曲の定義も、CDが何枚売れたかではなく、誰もが知っている曲という風に変わっているので、そうした新しい形のヒット曲を生み出したい」と意気込んだ。

最後に、本作の見どころについて二人が言及。小室が「音楽業界の裏が本当にリアリティたっぷりに描いてあって、業界の人もそれ以外の人もみんな楽しめる。僕自身、日本よりスケールが大規模な本作で夢を見させてもらっている」と語ると、DJ KOOは「突然いろんなことが起きるジェットコースタードラマ。日本でもヒットするはずなので、乗り遅れない方がいい」と続けた。

シーズン1のDVDが4月2日(土)より発売されている『Empire/エンパイア 成功の代償』は、本日4月13日(水)レンタル開始。また、シーズン2は7月2日(土)リリースとなる。(海外ドラマNAVI)

Photo:小室哲哉、DJ KOO

元記事を読む