1. トップ
  2. レシピ
  3. お台場のフレンチトースト専門店~角食パン丸ごと メープルシロップが染み込んだ、ふわふわ食感~

お台場のフレンチトースト専門店~角食パン丸ごと メープルシロップが染み込んだ、ふわふわ食感~

  • 2016.4.12
  • 9488 views

「Hug French Toast Baking Factory(ハグフレンチトーストベイキングファクトリー)」は、大阪生まれのフレンチトースト専門店。元有名ホテルのシェフが考案した絶品フレンチトーストが人気です。

有名ホテルで腕を磨いたシェフがレシピを考案

ゆりかもめの台場駅南口から徒歩5分。

大型ショッピングモール「ダイバーシティ東京」2階の飲食店エリアに、「Hug French Toast Baking Factory ダイバーシティ東京プラザ」はあります。

2012年に大阪・梅田で1号店をオープン後、人気を集め、昨年7月に東京へ出店しました。人気のひみつは、なんと言ってもパンのおいしさ。

有名ホテルで、ペストリー、デセール、ショコラティエとして活躍した経験を持つ岡崎馨シェフが、フレンチトーストとしておいしく食べるためのパンのレシピを考案しています。

春限定の食パンフレンチトースト

フレンチトーストとして使われるパンは、角食パン、高級食パン、バゲット、フォカッチャ、ベーグルと幅広く用意されています。

一番人気は、角食パンを使ったフレンチトースト。牛乳と卵、北海道産生クリームたっぷりの特製アパレイユ(卵液)に漬け込み、ご注文を頂いてから『発酵バター』と『ココナッツオイル』で焼き上げ、ふわふわの食感に仕上がっています。

「発酵バターのメープルリッチフレンチトースト~ソフトクリーム添え~」(1382円)は、角食パンに、アパレイユ、メープルがたっぷり染みこんだふわふわ食感。

また春限定のストロベリーメニューとして、「桜クリームと抹茶ソフトの黒みつメープルフレンチトースト」が登場しています。トーストの上に、白玉ぜんざいや桜クリーム、抹茶のソフトクリームが添えられ、和と洋どちらも楽しめる味です。

ボリューム満点30cmのバゲットを使ったフレンチトースト

バゲットが好きな人におすすめは、直径約30cmという長~いフレンチバゲット。

定番メニューの「イチゴとブリュレのフレンチバゲット」を食べてみると、バゲットの外側はパリパリをキープしたまま。なかのもっちりとした生地には、アパレイユが浸し過ぎない絶妙な加減で染み込み、バゲットそのもののおいしさが際立ちます。

メープルシロップが表面に塗られたバゲットと、すっきりとした味のソフトクリームとの相性も抜群です。

お食事系のフォカッチャのフレンチトーストも

お食事として食べたい「マスタードチキンフレンチフォカッチャ」は、まさに高級ホテルのレストランでいただく贅沢な味わい。

アパレイユはスイーツで使用するものとは別のものを使い、砂糖を使用せず、塩こしょう、チーズを加えたお食事用を使っています。

こちらも小麦とオリーブの香り高いフォカッチャの味が何より大切にされ、パンのおいしさを噛みしめたくなります。

どのメニューも注文を受けてから特製のアパレイユ(卵液)に浸し、作り始めるので、焼き立てを食べられるのもうれしいところ。提供まで20分ほどかかかりますが、待つ時間も楽しみにしていてくださいね。

元記事を読む