1. トップ
  2. 恋愛
  3. どこに差がある?友達どまりの女と本命の彼女になる女の違い

どこに差がある?友達どまりの女と本命の彼女になる女の違い

  • 2016.4.12
  • 22672 views

気になる男性と仲良くなりすぎて、恋人に発展する機会を見逃していませんか? もしかしたら彼はあなたを性別を超えた友達と認識してしまっているかも。

「彼とは何でも話し合えるのに、友達から一線を越えられない」なんて友達どまりの女性と、彼女になれる女性には、いったいどんな違いがあるのか恋愛コラムニストの筆者が分析しました。

■対等な友人関係より、男女を意識できる仲

好きな彼と友達として仲良くなりすぎると、本命の座は遠くなってしまいます。なぜなら、彼があなたを女ではなく、性別を超えた友達として認識してしまうからです。

本命の彼女になれる人は、彼に男女と意識させる人。友達関係でもうまく彼を立て、時には甘えて、彼に「この子は女なんだ」と意識させましょう。

■男は本命に笑いのセンスを求めない

一緒に笑い合える関係や、笑いのツボが合う男女は素敵ですよね。しかし、お笑いキャラに徹し、彼をゲラゲラ笑わせるような女性は、残念ながら友達止まりになってしまうかも。

基本的に男性は女性を笑わせたいと思っています。笑いのセンスを女性に一切求めていないのです。恋愛ではおもしろい女のアピールは無用。常に「彼のほうがおもしろい」という立ち位置を譲ってあげるのが、本命になれる女性です。

■朝まで飲むより終電で帰る

一緒にいる時間が長ければ長いほど恋が芽生えるとよく言われますが、夜の時間は別。いくらお酒が好きでも、朝まで飲みまくる女性を彼女にしたい男性は少ないです。

一方で、どんなにその場が楽しくてもスパッと終電で帰る女性は本命候補に。手の届かない追いかけたくなる女性を演じましょう。さらに、本命には欠かせない「貞操観念」がしっかりした女であることもアピールできます。

■常に「女」であり続ける

男性が恋をする相手は女。女でなければ、男は惚れません。仲がいいのに友達どまりの女性は、「女」でいることを忘れている可能性があります。

女を捨てない人は、本命の彼女になれます。どんなに彼と仲良くなっても、女性らしさを忘れないで。汚い言葉遣いを使わず、女性としての恥じらいを大切にしてくださいね。

いかがでしたか。もしあなたが男友達との恋を成就させたいなら、これらのポイントをチェック。そうすれば、あなたを本命の彼女候補として見てくれるはずです。

(東 香名子)

元記事を読む