1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. ヴェネツィア・ルネサンスの展覧会、国立新美術館で開催

ヴェネツィア・ルネサンスの展覧会、国立新美術館で開催

  • 2016.4.12
  • 4432 views
ジョヴァンニ・ベッリーニ作「聖母子」、通称「赤い智天使の聖母」

国立新美術館で7月13日から、日本とイタリアの国交樹立150周年を記念して、ルネサンス期のヴェネツィア絵画に焦点をあてた展覧会「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」を開催する。

ヴェネツィア絵画の殿堂、アカデミア美術館のコレクションをまとまった形で観ることができる本邦初の本展では、ルネサンス発祥の地であるフィレンツェの美術から影響を受けつつも、独自の展開を遂げたヴェネツィア・ルネサンスの歴史を堪能できる。イタリア・ルネサンス絵画史のなかでヴェネツィア派に焦点をしぼった展覧会は国内でほとんど前例がなく、非常に貴重な機会となっている。

今回のために、ジョヴァンニ・ベッリーニ(Giovanni Bellini)からクリヴェッリ(Carlo Crivelli)、カルパッチョ(Vittore Carpaccio)、ヴェロネーゼ(Veronese)まで、名だたる巨匠たちの傑作約60点が来日。中でも見どころは、ヴェネツィア・ルネサンス最大の巨匠ティツィアーノ(Tiziano Vecellio)が晩年に手がけた祭壇画の大作『受胎告知』の特別出品で、縦約4メートルにおよぶ大作は見るものを圧倒する。

水の都ヴェネツィアでルネサンスを彩った、自由奔放で感覚に訴えかける絵画の数々をお見逃しなく。

■展覧会概要

・日伊国交150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

会期:7月13日(水)~10月10日(月・祝)

会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木)

■関連情報

・国立新美術館 公式HP:http://www.nact.jp/

・本展公式HP:http://www.tbs.co.jp/venice2016/

元記事を読む