1. トップ
  2. グルメ
  3. 「松﨑煎餅」が、世田谷・松陰神社前商店街に、カフェスペース併設の新形態店舗をオープン。

「松﨑煎餅」が、世田谷・松陰神社前商店街に、カフェスペース併設の新形態店舗をオープン。

  • 2016.4.12
  • 538 views

【さらに写真を見る】「松﨑煎餅」が、世田谷・松陰神社前商店街に、カフェスペース併設の新形態店舗をオープン。

1804(文化元)年創業の老舗「松﨑煎餅」が、4月9日(土)世田谷の松陰神社通り商店街に、カフェ併設型の新形態店舗「松﨑煎餅 松陰神社前店」をオープンした。

200年以上前に創業した当時、気軽に立ち寄れる「街のおせんべい屋さん」という存在だった松﨑煎餅の原点の姿を体現し、地域の憩いとなるような空間を創造。「地域密着」というテーマを元に東京中の物件を探し、1年以上の時間を経てこの物件にたどりついたという。

カフェスペースでは、あんみつ(810円)やおしるこなどの甘味、瓦煎餅との相性もぴったりのこだわりのハンドドリップコーヒー(ちょこっと瓦煎餅付、540円)などのほか、松陰神社前店限定のメニューとして、オーガニックフード・ケータリングユニット「MOMOE」がプロデュースするランチも楽しめる。化学調味料を使わず、自然栽培・有機栽培の野菜を使用した「お惣菜 7種盛り定食」(1,080円)は、素材の美味しさが存分に堪能でき、このランチを食べるために足を運びたくなるような美味しさだ。また、オープンと同時に、銀座本店お茶席の人気メニュー、夏季限定「かき氷」(~9月30日、864円)も登場。

物販では、四季折々の江戸の風情を花鳥風月に織りまぜた絵柄の瓦煎餅「江戸瓦 暦」、「大江戸菓子匠 銀座 松﨑煎餅」の主要商品のほか、松﨑煎餅おすすめの商品をラインナップ。松陰神社前店限定発売の「揚餅」もお目見えするなど、季節ごとに新たな出会いを演出し、手土産や季節のご挨拶におすすめのアイテムを販売する。

・価格はすべて税込

松﨑煎餅 松陰神社前店

住所/東京都世田谷区若林3-17-9

Tel./03-6884-3296

営業時間/11:30~19:00(18:30L.O.)

定休日/水

1804.matsuzaki-senbei.com

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む