1. トップ
  2. レシピ
  3. お疲れ胃腸に♪「はちみつレモンミントウォーター」

お疲れ胃腸に♪「はちみつレモンミントウォーター」

  • 2016.4.12
  • 1976 views

おはようございます。料理研究家・管理栄養士の五十嵐ゆかりです。

連載第48回目の今回は、「お花見の胃腸疲れを癒す はちみつレモンミントウォーター」をご紹介します。さっぱりとした甘みと爽やかな香りのドリンクレシピです。

4月の楽しみといえば、お花見ですよね!もう楽しみましたか?

お花見では、つい食べすぎ・飲みすぎてしまいがちです。連日のお花見で胃が重い、、なんて感じている方もいるのではないでしょうか。

それは、胃腸が疲れているサインです。胃腸を労ってあげたいものですね。

はちみつレモンミントウォーターのレモンに含まれるビタミンCは、健康な胃腸の維持をサポートし、ミントの葉は消化を助ける働きが期待できます。また、はちみつは腸内環境を整える働きが期待できますよ。

それでは、レシピをご紹介します♪

お花見の胃腸疲れを癒す はちみつレモンミントウォーター

<調理時間の目安>
1分(冷蔵庫にひと晩おく時間は除く)

<保存期間>
冷蔵室で1週間

<人数>

作りやすい分量

<材料&分量>

レモン・・・・・・・・・1枚

ミントの葉・・・・・・・5g

はちみつ・・・・・・・・適量

水もしくは無糖炭酸水・・適量


<作り方

1.レモンは2mm幅の輪切りにする。

2.密封容器にレモン、ミントの葉を入れる。

3.レモンとミントが浸るまではちみつを入れ、蓋をして冷蔵室にひと晩おく。

4.飲むときにグラスにシロップ大さじ1と水や無糖炭酸水を150〜180ccほど注いで混ぜる。(レモンやミントの葉も一緒に入れてOK!ただし、ミントの葉が変色した場合は入れないようにしてください。)

調理のワンポイントアドバイス

・すぐに飲みたい場合は、はちみつで漬けて1時間たったら飲んでOKです。この場合、レモンはまだ堅くて食べられません。レモンも食べたい場合はひと晩おくようにしてください。

食べすぎ・飲みすぎで胃腸の疲れを感じたときは、この1杯で胃腸の回復をサポートしてあげませんか。

それでは、今日も素敵な1日にしましょう♪

元記事を読む