1. トップ
  2. 恋愛
  3. なんか損してしてるような気がするけど気のせい……? 半同棲のプチ不満3つ

なんか損してしてるような気がするけど気のせい……? 半同棲のプチ不満3つ

  • 2016.4.11
  • 7544 views

付き合い始めの頃は、彼が自分の部屋の合鍵を持っているだけで幸せを感じるものですよね! しかし、気付いたら半同棲状態になっていたという方は結構多いのではないでしょうか?

同棲とは違い気楽な部分もありますが、その分何かと不満がたまる事も少なくはないですよね。二人の部屋を行き来きするなら、お互い様ですが、自分の家だけとなると尚更不満はたまるでしょう。そこで今回は「半同棲のプチ不満3つ」をご紹介します。

1:金銭的負担が少し増える

同棲と違い、自分の部屋なので家賃はもちろん光熱費も全額自己負担です。光熱費や食費も増えますし、生活雑貨の減りも早い……。しかし、極端に変わる訳ではない為、なんとなく不満だったりします。

特に、彼が実家暮らしの場合は、生活費にどれくらいの金額がかかるかなんてわからない為、あなたの負担に気付く事はないでしょう。「たまには電気代払ってよ」と言える勇気があれば良いのですが……。

 

2:いつも気が抜けない

だんだん、相手も自分の部屋の感覚になってくる為「終電間に合わなかったから今から行っていい?」「明日朝早いから今日泊まっていい?」と突然の訪問が増えます、そんな時に限って部屋が散らかっていたりするもの。

彼がいつ来ても恥ずかしくない状況をキープする必要があり、常に気を抜けません。これは、グータラ女子には、かなりの負担になりますよね。

「散らかってるけどごめんね~!」と笑えたらどんなにどんなに楽でしょう。

 

3:同棲と半同棲の境界線がなくなってくる

毎日彼がいる、という状態になった場合は危険信号です。「いつ帰るの?」とは聞きづらいですよね……。

この場合は、今後どうするのか? 一回仕切り直す必要があります。同棲を始めるなら、お互いが「今日から同棲します」という自覚が必要です。そうでないと、気づいたら彼が紐になっていたなんて事になりかねませんからね。

 

いかがでしょうか?

プチ不満は、まだまだたくさん出て来ると思いますが、彼に「こうして欲しい」と、なかなか言いづらい内容のものばかりですよね……。

しかし、今この手の話しの不満を隠さず言える関係を作っておくと、後々楽ですよ!

いつかは通る道だと思えば勇気も出るでしょう!

【Photo】plasticboystudio_PhotoJUNKY

(斎藤奈々子/ライター)

元記事を読む