1. トップ
  2. ファッション
  3. ソマルタ 2016-17年秋冬コレクション - デジタル民族はやがて森へ

ソマルタ 2016-17年秋冬コレクション - デジタル民族はやがて森へ

  • 2016.4.10
  • 1787 views

ソマルタ(SOMARTA)が2016-17年秋冬コレクションを発表。今季は前シーズン同様、デジタル民族の誕生を示唆しながらサブテーマに「森」を掲げた。

シームレスなジャケットには編み地を二重構造にすることで厚みをもたせ、組織変化を利用して幾何学的な模様を構築。カーディガンさながらのカジュアルさと、背筋が通るような美しいテーラリングを両立している。また、同構造のテキスタイルに、熱を加えたり、色を加えたりすることで、素材本来が持つ特質を活かして、色や質の変化を生み出した。

それらは、ワンピースからトップスまで様々。初披露したパイル地のような生地は、これまでなかったふんわりとした感触で“デジタル”を映し出す。肌とのレイヤーが美しいファブリックは、森の風を感じるには丁度いい爽快感も持ち合わせている。

一方、アップリケのようにボリュームあるジャカードは、しなやかなラインのスカートやブラウスの上で、孔雀の羽となって鮮やかに舞う。ひとつひとつの繊維が眼に見えて立体的で、シアーな素材さえも力強く映る。孔雀は今季の象徴のひとつ。大胆なグラフィックとしても落とし込まれ、青を基調としたカラーがグラデーションのようにのせられた。

さらに、日本の伝統的な刺繍でも表現された森に生息する鳥たち。レースとのコンビネーションが印象的なブルゾンは胸元に、ジャカードと組み合わせたブラウスは襟元に、そしてプルオーバーは袖部分に。それらは、デジタルと自然という真逆にあるものを結びつける“渡り鳥”のような役割を果たすべく、有効的に取り入れられていた。

元記事を読む